訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

鈴木鷹夫 氏

俳人[日本]

2013年 4月10日 死去肺炎享年85歳

鈴木 鷹夫(すずき たかお、1928年9月13日 - 2013年4月10日)は、俳人。
本名・昭介。
東京生。
1948年より作句し、翌年石田波郷の「鶴」に入会。
1961年「鶴」同人。
波郷の没後、1971年に能村登四郎の「沖」に移り、1972年「沖」同人。
1989年「門」を創刊・主宰。
2005年『千年』により俳人協会賞受賞。
他の句集に『渚通り』『風の祭』『春の門』『鈴木鷹夫句集』『カチカチ山』など、小説に『風騒の人 若き日の宝井其角』がある。
著作 単著 『渚通り 鈴木鷹夫句集』 牧羊社〈沖俳句叢書 第17篇〉、1979年10月。
『鈴木鷹夫集』 俳人協会〈自註現代俳句シリーズ 6期 38〉、1990年10月。
『風の祭 鈴木鷹夫句集』 角川書店〈今日の俳句叢書 30〉、1997年7月。
ISBN 4-04-871530-5。
『鈴木鷹夫句集』 ふらんす堂〈現代俳句文庫 47〉、1999年6月。
ISBN 4-89402-291-5。
『風騒の人 若き日の宝井其角』 北溟社(出版) 東洋出版(発売)、1999年8月。

鈴木 鷹夫氏(すずき・たかお、本名昭介=しょうすけ=俳人)10日午後10時58分、肺炎のため千葉県鎌ケ谷市の病院で死去、84歳。東京都出身。葬儀は16日午前11時から東京都足立区綾瀬5の19の8の千代田城北ホールで。喪主は妻節子(せつこ)さん。 87年に俳誌「門」を創刊、主宰。句集「千年」で04年度俳人協会賞。

↑ PAGE TOP