芸能人・経営者のおくやみ情報

大友工 氏

プロ野球選手[日本]

2013年 4月12日 死去急性白血病享年89歳

大友工 - ウィキペディアより引用

大友 工(おおとも たくみ、1925年2月19日 - 2013年4月12日)は、兵庫県出石郡出石町(現・豊岡市)出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ。
1960年の登録名は大友 工司(おおとも こうじ)。
来歴・人物 旧制大阪逓信講習所を卒業後、神戸中央電信局に電信技師として就職。
第二次大戦中は応召されて電信兵となり伍長まで昇進するが、内地勤務であったことから無事に終戦を迎えた。
戦後は故郷に戻り、一時は炭焼きをして生計を立てた時期もあった。
その後、但馬貨物で軟式野球をプレー。
1948年秋の全国車輛軟式野球大会の近畿大会でベスト4まで進出する。
その速球が関西のアマチュア野球界の重鎮であった本田竹蔵の目に止まり、本田が当時二軍を作ろうとして選手を集めていた読売ジャイアンツの球団代表であった宇野庄治に紹介して、1949年5月に巨人へ入団する。
巨人入団後、これまで軟式球しか握ったことがなかったため硬式球に慣れるのに苦労する中で、投法をサイドスローに変更。
これは意図的な転向ではなく、変化球の威力を増すためでもなかったという点が変わっている。

おおとも-たくみ 1925-2013昭和時代後期のプロ野球選手。大正14年2月19日生まれ。昭和24年巨人に入団。右の下手投げ投手として,27年から17勝,27勝,21勝,30勝を記録,とくに27年には無安打無得点試合を達成,28年には最優秀防御率,最多勝利をあげて最優秀選手,沢村賞を獲得するなど,別所毅彦(たけひこ)とともに巨人黄金時代のエースとして活躍した。35年近鉄に移籍,36年引退。実働10年,通算130勝57敗,防御率2.11。平成25年4月12日死去。88歳。兵庫県出身。大阪逓信講習所卒。別名に工司。 (引用元 コトバンク)