訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

佐々木高明 氏

民俗学者、国立民族学博物館元館長[日本]

2013年 4月4日 死去急性骨髄性白血病享年84歳

佐々木 高明(ささき こうめい、1929年11月17日 - 2013年4月4日)は、日本の民族学者。
国立民族学博物館名誉教授・元館長。
総合研究大学院大学名誉教授。
前財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構理事長。
文学博士(京都大学、1970年)。
大阪府生まれ。
照葉樹林文化論の主要な提唱者の一人。
開業医の家に生まれる。
京都大学の図書館で働きながら 1952年、立命館大学文学部地理学科(夜間)卒業。
梅棹忠夫に見込まれ 1959年3月 京都大学大学院文学研究科地理学専攻博士課程単位取得満期退学 1959年4月 京都大学教養部助手 1962年4月 立命館大学文学部講師 1965年4月 立命館大学文学部助教授 1970年7月 京都大学より文学博士。
論文の題は「焼畑農業の比較地理学的研究」。
1971年4月 奈良女子大学文学部助教授 1972年5月 奈良女子大学文学部教授 1973年4月 国立民族学博物館創設準備室次長 1974年6月 国立民族学博物館教授 1989年4月 総合研究大学院大学教授併任 1991年4月 国立民族学博物館副館長 1993年4月 国立民族学博物館館長 1997年3月 国立民族学博物館退官 1997年4月 国立民族学博物館名誉教授 総合研究大学院大学名誉教授 財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構理事長 2003年3月 財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構理事長退任 2013年4月4日 急性骨髄性白血病のため死去。

「照葉樹林文化論」で東アジアの文化的なつながりを唱えた元国立民族学博物館長の佐々木高明(ささき・こうめい)氏が4日午後7時5分、急性骨髄性白血病のため京都府長岡京市の病院で死去した。83歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻昌子(まさこ)さん。 京都大大学院文学研究科修了。立命館大助教授、奈良女子大教授などを経て、1974年から国立民族学博物館教授。93年に同館の2代目館長に就任し、97年から2003年まで、アイヌ文化振興・研究推進機構理事長を務めた。 「照葉樹林文化論」は、日本南西部から台湾、中国南部、ヒマラヤに広がる東アジアの照葉樹林帯に共通の文化があるとするもの。70年代に植物学者の故中尾佐助氏らと提唱した。 著書に「照葉樹林文化の道」「縄文文化と日本人」など。98年に紫綬褒章、03年に勲三等旭日中綬章を受章した。 

「佐々木高明」と関連する人物(故人)