芸能人・経営者のおくやみ情報

大橋鎭子 氏(おおはししずこ)

編集者[日本]

(「暮しの手帖」を創刊)

2013年 3月23日 死去肺炎享年94歳

大橋 鎭子(おおはし しずこ、1920年〈大正9年〉3月10日 - 2013年3月23日)は、日本の編集者、エッセイスト。
暮しの手帖社社主・元社長で同社の雑誌『暮しの手帖』を創刊した。
妹の大橋芳子も同社創業メンバーの一人で、エッセイスト。
日本製麻勤務の父と、小樽育ちで女子美術学校出身の母のもとに、東京・麹町の榊病院で生まれる。
父親の転勤のため、1才で北海道に移住。
だが、父親が肺結核になったため、東京に戻り、小学5年生の時に父が死去。
父が亡くなるまでの5年間療養所を求めて、伊東、鎌倉、大森などを転々とし、家族で看病に明け暮れる経験をした。
大井町に落ち着き、父が1930年(昭和5年)に死去すると、11歳でその喪主を務めた。
東京府立第六高等女学校(現東京都立三田高等学校)を1937年に卒業。
後輩の石井好子とはその後も交流が続く。
日本興業銀行に入行し、調査課に勤務する。
3年で退行し、日本女子大学に入学するが1年で肺結核となり、学業を断念。
大学を中退して静養ののち、創刊されたばかりの日本読書新聞に入社。
編集部員大幅変更時、戦争末期の休刊時、戦後の復刊時と、常に編集部に所属した。

編集者、エッセイスト。「暮しの手帖」社社主・前社長。1920年3月10日、東京生まれ。小学5年生の時に父を結核で亡くす。37年、株式会社日本興業銀行に入社後をしたがすぐに退職し日本女子大学に入学。1年時に肺結核で中退する。静養した後、37年に創刊された「日本読書新聞」に入社、戦前から戦後、一貫して編集に携わる。46年、衣裳研究所を設立。社長となり、雑誌「スタイルブック」を発行。48年、「美しい暮しの手帖」の創刊に参加し、51年、社名を「暮しの手帖社」に変更。同誌は広告を排除し、衣食住をテーマに、中立の立場から商品評価や生活提案などを行い話題となった。69年より同誌にてエッセイ『すてきなあなたに』を連載し、その業績により94年、第10回東京都文化賞を受賞した。78年、同誌編集長に就任。2004年、社長の座を譲り社主となる。13年3月23日、肺炎により死去。享年93。 (2013-4-3) (引用元 コトバンク)

「大橋鎭子」と関連する人物(故人)