芸能人・経営者のおくやみ情報

手塚治虫 氏(てづかおさむ)

漫画[日本]

1989年 2月9日 死去胃がん享年62歳

手塚治虫 - ウィキペディアより引用

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年(昭和3年)11月3日 - 1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。
大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。
血液型A型。
戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。
兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。
大阪帝国大学附属医学専門部 在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー。
1947年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。
1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。
1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。

てづかおさむ [生]1928.11.3.大阪[没]1989.2.9.東京漫画家。本名,手塚治。ストーリー漫画,テレビ・アニメーションの創始者。映画好きの漫画少年として育ち,1946年『毎日小学生新聞』の4コマ漫画『マアチャンの日記帳』でデビュー。47年長編漫画『新宝島』が驚異的なベストセラー。同年大阪大学医学部に入学,59年医学博士。51年から『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』などの大作を発表。62~73年虫プロ,その後手塚プロダクションを主宰。63年に初の国産テレビ・アニメ『鉄腕アトム』を制作する。67年には劇場用アニメ『ジャングル大帝』(1966)がベネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞受賞。同年ライフワークとされる『火の鳥』の連載を開始。その他『ブラックジャック』(1970,日本漫画家協会賞特別賞),『手塚治虫漫画全集』(300巻,84),『アドルフに告ぐ』(86)などがある。87年朝日賞受賞。 (引用元 コトバンク)