芸能人・経営者のおくやみ情報

納谷悟朗 氏(なやごろう)

声優俳優ナレーター[日本]

2013年 3月5日 死去慢性呼吸不全享年85歳

納谷 悟朗(なや ごろう、1929年11月17日 - 2013年3月5日)は、日本の俳優、声優、ナレーター、舞台演出家。
テアトル・エコー所属。
北海道函館市出身。
立命館大学法学部中退。
弟は俳優・声優の納谷六朗、妻は女優・声優の火野カチ子。
代表作に『ルパン三世』シリーズ(銭形警部役)がある。
洋画ではクラーク・ゲーブル、チャールトン・ヘストン、ジョン・ウェインの声の吹き替えを担当。
生涯 幼少期に東京府(現東京都)へ移住する。
学生時代に芝居の面白さを知り、1951年に劇団東童入団。
役者デビューは舞台『宝島』。
1955年劇団「稲の会」設立に参画。
1957年劇団現代劇場。
1959年、熊倉一雄に誘われてテアトル・エコーに所属。
テアトル・エコー入会当時、洋画のテレビ放映の際に、新劇畑の俳優が起用されることが多く、納谷もこうした中で洋画の「アテレコ」に多用されることとなった。
最初期の洋画放映でのアテレコは生放送だったため、声のタイミングを合わせるのが難しく、声がずれることはしょっちゅうだったというが、「なにしろ生放送だから証拠が残らない」ということで、特に問題にもならなかったという。

声優、俳優、ナレーター、舞台演出家。北海道出身。(1929年11月17日〜2013年3月5日) 立命館大学法学部中退。テアトル・エコー所属。 ジョン・ウェイン、クラーク・ゲーブル、チャールトン・ヘストンの吹き替えの他、アニメ、特撮、ナレーションなど幅広い分野で活躍。 弟は納谷六朗、妻は火野カチ子?。 (引用元 Hatena Keyword)