訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

高野悦子 氏

岩波ホール総支配人[日本]

2013年 2月9日 死去大腸がん享年84歳

高野 悦子(たかの えつこ) 高野悦子 (映画運動家) - 映画運動家、東京国立近代美術館フィルムセンター初代名誉館長。
高野悦子 (大学生) - 立命館大学生、『二十歳の原点』の著者。

岩波ホール総支配人の高野悦子(たかの・えつこ)さんが9日午後2時41分、大腸がんのため東京都文京区の病院で死去した。83歳だった。中国東北部(旧満州)生まれ。葬儀は近親者で済ませた。喪主はめいで同ホール支配人の岩波律子(いわなみ・りつこ)さん。後日お別れの会を開く。 日本女子大卒業後、東宝に勤務。パリ留学などを経て、1968年に設立された岩波ホールの総支配人に就任した。74年に川喜多かしこさんと共に「エキプ・ド・シネマ」運動を始め、日本で未公開だった欧州やアジアなどの埋もれた名画の公開に尽力。主な公開作にインドのサタジット・レイの「大地のうた」、スウェーデンのイングマール・ベルイマンの「ある結婚の風景」、ギリシャのテオ・アンゲロプロスの「旅芸人の記録」、黒木和雄の「父と暮せば」などがある。 東京国立近代美術館フィルムセンターの初代名誉館長や東京国際女性映画祭ジェネラルプロデューサーを務めた他、「シネマ人間紀行」などエッセイストとしても活躍。2004年、文化功労者に認定された。 

「高野悦子」と関連する人物(故人)

アンジェイ・ワイダ テオ・アンゲロプロス 菊池寛

↑ PAGE TOP