芸能人・経営者のおくやみ情報

江副浩正 氏(えぞえひろまさ)

リクルート(現・リクルートホールディングス)創業者、元会長[日本]

2013年 2月8日 死去肺炎享年77歳

江副 浩正(えぞえ ひろまさ、1936年(昭和11年)6月12日 - 2013年(平成25年)2月8日)は、日本の実業家。
特例財団法人江副育英会理事長。
株式会社リクルートの創業者。
1988年(昭和63年)に発生した「リクルート事件」の贈賄側人物として知られる。
甲南中学校・高等学校を経て、東京大学教育学部教育心理学科卒業。
リクルートを創業し、大企業に成長させた。
1988年(昭和63年)1月会長に就任、同年6月に「リクルート事件」報道が始まり、1989年(平成元年)2月に逮捕。
リクルート裁判は14年間、開廷数322回に及び、日本の裁判史上記録的な数字であった。
2003年(平成15年)3月、執行猶予付き有罪判決を受けた。
その後、人材育成を支援する財団法人江副育英会や執筆業、慈善事業などを通じて活動していたが、2013年(平成25年)2月8日、東京都内で死去。
エピソード 江副のスキーの腕前はプロ級であり、安比高原スキー場(岩手県)を1981年(昭和56年)に開業したのもリクルートである。

リクルート社の創業者、元会長。 1936年、生まれ。2013年2月8日、死去。 大阪府出身。政治家や官僚が関わった贈収賄事件であるいわゆる「リクルート事件」で、起訴。 2003年3月、東京地裁で懲役3年執行猶予5年の判決が出ている(判決確定)。2003年に出版された自伝『かもめが翔んだ日』(ISBN:402100081X)はベストセラーとなった。 (引用元 Hatena Keyword)

「江副浩正」と関連する人物(故人)