芸能人・経営者のおくやみ情報

伊達吉村(だてよしむら)

陸奥仙台藩主[日本]

(宝暦元年12月24日没)

1752年 2月8日 死去享年73歳

伊達吉村 - ウィキペディアより引用

伊達 吉村(だて よしむら)は、陸奥仙台藩第5代藩主。
伊達氏宗家第21代当主。
はじめ仙台藩一門宮床伊達氏第2代藩主。
仙台藩で初の一門出身で賜姓伊達氏出身の藩主であり、歴代仙台藩主中、最長在職の藩主。
就任時点で破綻状態にあった仙台藩の財政を建て直したことから、仙台藩「中興の英主」と呼ばれる。
生涯 誕生から藩主就任まで 延宝8年(1680年)6月28日、宮床伊達氏初代当主・伊達宗房(陸奥仙台藩第2代藩主・伊達忠宗の八男)の嫡男として、陸奥国東磐井郡大原村(現岩手県一関市大東町大原)に生まれ、同村八幡寺にて教育を受ける。
幼名は助三郎。
貞享3年(1686年)1月13日、父の死により家督を相続。
元禄3年(1690年)12月、元服し、従兄で藩主の伊達綱村から偏諱を賜り村房(むらふさ)と名乗る。
元禄6年(1693年)の一門による藩主・伊達綱村への諫言書提出には年少のため名を連ねていない。
元禄8年(1695年)3月、陸奥一関藩主・田村建顕の養嗣子に迎えられることになると、一家・小梁川氏を継いでいた弟の宗辰(伊達村興)を呼び戻して宮床伊達氏の家督を譲り、村房は一門上座の家格を与えられて5月には江戸の一関藩邸に入ったが、正式に養子縁組を幕府に届出る前に、跡取りのいなかった仙台本藩の綱村の養嗣子に迎えられることになった。

仙台藩第5代目藩主。陸奥守、左近衛権中将。 伊達村房の長男。元禄8年(1695)12月、世子となり藤次郎と称する。 同9年11月、徳川綱吉の偏諱を賜り「吉村」と称する。 従四位下に叙せられ侍従に任ぜられ越前守を兼ねた。 同16年(1703)8月襲封し陸奥守に任ぜられる。 正徳元年(1711)12月、従四位上に叙せられ陸奥守兼左近衛権中将となった。 治世は40年に及び、刈田黒森銀山を開き、茶・杉・松・竹・漆等に関する条目を出すなど 藩の内政改革にあたった。 また『仙台領名所和歌』を撰し、文化政治両面から仙台藩中興の祖と称される。 (引用元 Hatena Keyword)