芸能人・経営者のおくやみ情報

アンリ・ポアンカレJules-Henri Poincaré

数学者[フランス]

1912年 7月17日 死去享年59歳

アンリ・ポアンカレ - ウィキペディアより引用

ジュール=アンリ・ポアンカレ(Jules-Henri Poincaré、1854年4月29日 – 1912年7月17日)はナンシー生まれのフランスの数学者。
数学、数理物理学、天体力学などの重要な基本原理を確立し、功績を残した。
フランス第三共和制大統領・レーモン・ポアンカレはアンリの従弟(いとこ)。
位相幾何学の分野では、トポロジー概念の発見や、ポアンカレ予想など、重要な活躍をしている。
また、フックス関数と非ユークリッド幾何学との結びつきについての数学的な発見をした際に、その過程の詳しい叙述を残して、その後の数学研究の心理学的側面の研究にも影響を与えた。
その他、ヒルベルトの形式主義に対する批判をして、初期の数学的直観主義の立場を表明した。
電子計算機がない時代にカオス的挙動について言及した点でも特筆され、後に「バタフライ効果」と呼ばれる予測不能性などが著書の中で触れられている。
広範な範囲で生産的な活動をしたが、その論文には多くの不正確な部分がある。
数学者のジャン・ガストン・ダルブーはポアンカレの学位論文を読んで、その曖昧さを指摘している。

「アンリ・ポアンカレ」と関連する人物(故人)