芸能人・経営者のおくやみ情報

大谷幸夫 氏(おおたにさちお)

建築家、東京大学名誉教授[日本]

2013年 1月2日 死去肺炎享年90歳

大谷幸夫 - ウィキペディアより引用

大谷 幸夫(おおたに さちお、1924年(大正13年)2月20日 - 2013年(平成25年)1月2日)は日本の建築家、都市計画家。
東京都港区生まれ。
東京大学工学部建築学科卒業。
丹下健三の片腕として、広島平和記念資料館や旧東京都庁舎の設計を手伝う。
1964年、東京大学都市工学科助教授就任。
1971年から84年まで、東京大学都市工学科教授。
1984年から東京大学都市工学科名誉教授。
1983年から89年まで千葉大学建築学科教授。
「住宅は中庭のあるのが基本」と言う。
作品 構想と都市計画 「麹町計画」- 水谷頴介とともにコートハウスを住居単位とした市街地再構成のケーススタディ。
1961年 協同組合富山問屋センター団地 1964年-1967年 川崎駅西口地区市街地再開発計画 1970年 静岡県裾野市総合開発計画 1972年 松本城周辺整備調査計画 1973年 三井インダストリアルパーク住宅地区基本計画 1973年 三井物産相模湖社有地尾坊地区土地利用計画と施設計画 1973年 建物中庭の住居環境に関する総合的研究 1973年 シンガポールコンベンションセンター世界貿易センター基本計画 川口駅西口地区整備計画(斉藤邦彦アンドアソシエイツと)1980年 旧東京教育大学移転跡地計画 1981年-1982年 長野市松代伝統的建造物保全対策事業 1982年 東京国際空港沖合い展開に関わる整備基本計画の景観調査 1983年 荒川区アメニティタウン計画研究・快適環境整備事業基本計画策定 1985年 建築作品 東京都児童会館(東京都渋谷区 / 1963年 / 現存せず) 国立京都国際会館(京都市左京区 / 1966年〜) 北里大学相模原校舎・女子寮(神奈川県相模原市 / 1968年) 川崎市河原町高層公営住宅団地(川崎市幸区 / 1969年) 金沢工業大学(石川県野々市町 / 1969年〜) 日本万国博覧会 住友童話館(大阪府吹田市 / 1970年) 文京スポーツセンター(東京都 ……

おおたにさちお [生]1924.2.20.東京[没]2013.1.2.東京建築家,都市計画家。1946年東京大学工学部建築学科を卒業,1951年同大学院修了。1960年まで丹下健三に師事する。1956年建築家の運動体である五期会の設立に参加,中心的な存在として活躍する。1961年設計連合を設立。1964~84年東京大学工学部都市工学科で教鞭をとる。その間の1971年,教授に就任。1984~89年千葉大学の教授を務めた。1963年,国立京都国際会館設計競技において最優秀賞を受賞した。金沢工業大学本館(1969),沖縄コンベンションセンター(1987),千葉市美術館・中央区役所(1994)など多数の作品がある。著書に『大谷幸夫建築・都市論集』(1986),『都市にとって土地とは何か』(1988,共著)などがある。1997年日本建築学会大賞を受賞。 (引用元 コトバンク)