訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

大島渚 氏

映画監督[日本]

2013年 1月15日 死去肺炎享年81歳

大島渚 - ウィキペディアより引用
大島 渚(おおしま なぎさ、1932年3月31日 - 2013年1月15日)は、日本の映画監督。
生涯 生い立ち 1932年(昭和7年)3月31日、岡山県玉野市で生まれた。
父方は長崎県対馬、先祖は対馬藩士。
母親は広島県呉市出身。
父親は農林省の水産学者。
仕事の関係で瀬戸内海を転々とし、カニやエビの研究をしていた。
「渚」という名前もそこから付けられた。
6歳の時、農林省の水産試験場の場長をしていた父が死去し、母の実家のある京都市に移住した。
その後、旧制京都府立第二中学校(現在の京都府立鳥羽高等学校)に入学したが、学制改革とその後の学校再編に伴い、京都市立洛陽高等学校(現在の京都市立洛陽工業高等学校)に移った。
1950年、京都大学法学部に進学。
同窓には推理作家の和久峻三、建築学者の上田篤や俳優の辰巳琢郎の父親がいる。
在学中は猪木正道に師事した。
また、京都府学連委員長として学生運動に携わり、全日本学生自治会総連合米田豊昭委員長とともに京大天皇事件(1951年)や松浦玲が放校処分になった荒神橋事件(1953年)などに関わった。

「青春残酷物語」「愛のコリーダ」など、社会のタブーや人間の深層に迫る作品を発表し、世界的な映画監督として知られた大島渚(おおしま・なぎさ)さんが15日午後3時25分、肺炎のため神奈川県藤沢市の病院で死去した。80歳だった。京都市出身。