芸能人・経営者のおくやみ情報

大島渚 氏

映画監督[日本]

2013年 1月15日 死去肺炎享年81歳

大島渚 - ウィキペディアより引用

大島 渚(おおしま なぎさ、1932年3月31日 - 2013年1月15日)は、日本の映画監督。
生涯 生い立ち 1932年(昭和7年)3月31日、岡山県玉野市で生まれた。
父方は長崎県対馬、先祖は対馬藩士。
母親は広島県呉市出身。
父親は農林省の水産学者。
仕事の関係で瀬戸内海を転々とし、カニやエビの研究をしていた。
「渚」という名前もそこから付けられた。
6歳の時、農林省の水産試験場の場長をしていた父が死去し、母の実家のある京都市に移住した。
その後、旧制京都府立第二中学校(現在の京都府立鳥羽高等学校)に入学したが、学制改革とその後の学校再編に伴い、京都市立洛陽高等学校(現在の京都市立洛陽工業高等学校)に移った。
1950年、京都大学法学部に進学。
同窓には推理作家の和久峻三、建築学者の上田篤や俳優の辰巳琢郎の父親がいる。
在学中は猪木正道に師事した。
また、京都府学連委員長として学生運動に携わり、全日本学生自治会総連合米田豊昭委員長とともに京大天皇事件(1951年)や松浦玲が放校処分になった荒神橋事件(1953年)などに関わった。

おおしまなぎさ [生]1932.3.31.京都,京都[没]2013.1.15.神奈川,藤沢映画監督。1954年京都大学法学部を卒業,松竹に入社。1959年『愛と希望の街』で監督デビュー,『青春残酷物語』(1960),『日本の夜と霧』(1960)などで新鮮な技法を見せ一躍脚光を浴びた。しかし,『日本の夜と霧』が当時の政治状況から上映中止となり,これに抗議して松竹を退社。1960年女優の小山明子と結婚。翌1961年,脚本家の石堂淑朗や田村孟,俳優の渡辺文雄らと独立プロダクション創造社を設立する。『白昼の通り魔』(1966),国際的に知られるきっかけとなった『絞死刑』(1968),『新宿泥棒日記』(1969),『儀式』(1971)などを制作して評価を得る。1973年創造社を解散し,1975年大島渚プロダクションを創立。1976年に発表された日仏合作映画『愛のコリーダ』は海外で高い評価を得たが,日本では性描写が問題とされ当局に大幅修正されたうえで公開された。『愛の亡霊』(1978)でカンヌ国際映画祭の最優秀監督賞を受賞。1983年,イギリスの歌手デビッド・ボウイ,作曲家の坂本龍一,タレントのビートたけし(→北野武)の出演で話題になった『戦場のメリークリスマス』を発表,坂本による音楽も評判になった。1996年脳出血のため倒れたが,1999年に『御法度』(芸術選奨文部大臣賞)を制作した。2000年紫綬褒章,2001年フランス芸術文化勲章を授与された。 (引用元 コトバンク)