訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

門脇卓爾 氏

学習院大学名誉教授・ドイツ近世哲学[日本]

2012年 12月28日 死去心不全享年88歳

門脇 卓爾(かどわき たくじ、大正14年(1925年)2月22日 - 平成24年(2012年)12月28日)は日本の哲学者。
学習院大学名誉教授。
米子日独協会会長。
カント哲学の研究者。
ボン大学より学位「Doktor der Philosophie」を取得。
宗教家・実業家門脇章太郎の長男。
門脇家第11代当主。
略年譜 大正14年(1925年)2月22日 - 鳥取県西伯郡大山町に中納言・平教盛の末裔と伝える旧家・門脇家の11代目として生まれる。
門脇家は江戸時代、大庄屋を務めた豪農であり、生家は門脇家住宅として現存している。
昭和18年(1943年) - 鳥取県立米子中学校(現・鳥取県立米子東高等学校)卒業。
昭和23年(1948年) - 第一高等学校文科卒業。
昭和26年(1951年) - 京都大学文学部哲学科卒業。
昭和32年(1957年) - 西ドイツ・マインツ大学に留学。
昭和33年(1958年) - ボン大学に転学。
昭和36年(1961年) - 日本倫理学会より和辻賞を受ける。
学習院大学文学部講師、ついで助教授。
昭和42年(1967年) - 学習院大学教授。

門脇 卓爾氏(かどわき・たくじ=学習院大名誉教授・ドイツ近世哲学)28日午後9時15分、心不全のため鳥取県大山町の病院で死去、87歳。鳥取県出身。自宅は同県大山町所子360。葬儀は来年1月6日午後2時から同県大山町上萬1135のだいせん葬祭センターラシュールで。喪主は長男由己(よしき)氏。

「門脇卓爾」と関連する人物(故人)