芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川伸 氏(はせがわしん)

作家[日本]

(別名義 : 山野芋作・長谷川芋生)

1963年 6月11日 死去享年80歳

長谷川伸 - ウィキペディアより引用

長谷川 伸(はせがわ しん、1884年(明治17年)3月15日 - 1963年(昭和38年)6月11日)は日本の小説家、劇作家である。
本名は長谷川 伸二郎(はせがわ しんじろう)。
使用した筆名には他にも山野 芋作(やまの いもさく)と長谷川 芋生(はせがわ いもお)があり、またそのほか春風楼、浜の里人、漫々亭、冷々亭、冷々亭主人などを号している(筆名が多いのは新聞記者時代の副業ゆえ名を秘したためである)。
「股旅物」というジャンルを開発したのはこの長谷川であり、作中できられる「仁義」は実家が没落して若い頃に人夫ぐらしをしていた際に覚えたものをモデルにしたという。
神奈川県横浜市(日ノ出町)の土木業の家に生れる。
実母は横浜市泉区の出身だが、夫の暴力・放蕩が原因で、伸が3歳のとき家を出る。
後年『瞼の母』の主題となる母との再会を果たした。
実家が没落したため小学校3年生で中退して船渠勤め等に従事。
品川の遊郭で出前持ちをするなど住み込みの走り使いや水撒き人足として働く間に、港に落ちている新聞のルビを読んでは漢字を覚えた。

1884〜1963 小説家・劇作家。横浜生まれ。本名、伸二郎。 雑誌「大衆文芸」などに股旅物などの小説・戯曲を多数発表。大衆文芸の隆盛をまねいた。戯曲「瞼の母」「一本刀土俵入」など。 長谷川伸は、大学卒業しての大衆作家ではない。自身の生家は、貧しく幼少期に奉公。それで働きながら、活字を覚えた。そして文学の道を志し、大衆作家の花形にまでなった。また、実母と幼くして別れたが、渡世人が主人公で生き別れた母親を探し、再会を果たすまでを描いた時代物「瞼の母」を書き上げて以後、実際に母子の「瞼の母」の再会をした。この「瞼の母」は、映画や舞台で何度も演じられた。その長谷川伸は、1963年、79歳でこの世を去った。 (引用元 Hatena Keyword)