芸能人・経営者のおくやみ情報

糸川英夫 氏

工学者[日本]

(「日本のロケット開発の父」)

1999年 2月21日 死去多発性脳梗塞享年88歳

糸川英夫 - ウィキペディアより引用

糸川 英夫(いとかわ ひでお、1912年7月20日 - 1999年2月21日)は、日本の工学者。
専門は航空工学、宇宙工学。
ペンシルロケットの開発者であり、「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれる。
1912年、東京市麻布区(現在の東京都港区西麻布)で生まれる。
小学校では六本木、中学校からは東京青山に育った。
教育者の家庭であり父は麻布の笄小学校の教師であった。
英夫という名は、1912年の東大銀時計卒業者の鳩山秀夫にちなみ、秀才好きの父に命名された。
越境入学で麻布の南山小学校に学び飛び級で卒業した。
第一東京市立中、東京高校理科甲類を経て、1935年、東京帝国大学工学部航空学科を卒業。
中学は首席で卒業、高校では3年間学級総代をした。
中学ではバスケットボール部に所属し、高校では音楽部の委員をした。
中学5年の学校紛擾では起こした側で全校を巻き込んだ。
高校でも紛擾が頻発し学級総代としてスト派・不参加派の間で苦しんだ。
航空学科を選んだのは、兄の糸川一郎(東大工学部土木科卒)に「東大でいちばん入試の難しいところはどこですか」と訊いた時、「そりゃお前、航空学科だよ。

糸川英夫(1912年7月20日〜1999年2月21日)は、日本の工学者で、専門は航空工学、宇宙工学。 「ロケット博士」「宇宙開発の父」などとも称される。 新しいヴァイオリンを超音波などを用いてエイジングする方法も開発した。 なお、2003年に小惑星25143が糸川の名にちなんでイトカワと命名され、その後日本の探査機はやぶさが訪れ、調査とサンプルリターンを行った。 (引用元 Hatena Keyword)