芸能人・経営者のおくやみ情報

鴨居玲 氏

画家[日本]

1985年 9月7日 死去自殺享年58歳

鴨居 玲(かもい れい、男性、1928年2月3日 - 1985年9月7日)は、石川県金沢市生まれの洋画家である。
社会や人間の闇を描いた画家であった。
下着デザイナーの鴨居羊子は姉。
1946年 金沢市立金沢美術工芸専門学校(現在の金沢美術工芸大学)に入学。
宮本三郎に師事する。
1950年 二紀会同人に推挙される。
1952年 芦屋・田中千代服装学園の講師となる。
1959年 渡仏(1958年という説もある)。
1961年 帰国。
二紀会を退会する。
1964年 創作に行き詰まり、南米、パリ、ローマを渡り歩く。
1965年 帰国。
1967年 二紀会同人に推挙される。
1968年 初の個展。
この時、下着デザイナーの姉・鴨居羊子を通じて知り合った小説家・司馬遼太郎と親交をもつ。
1969年 昭和会賞と安井賞を受賞。
1971年 スペイン・ラ・マンチャ地方のバルデペーニャスにアトリエを構え、制作に没頭(~74年)。
1984年 金沢美術工芸大学の非常勤講師として講義。
1985年 神戸市の自宅で排ガスにより自殺。

洋画家。長崎県生。金沢美術工芸大学卒。在学中に二紀展初入選、昭和24年同人に推挙される。34~36年最初のパリ滞在でジュヌパントゥール入選。40年に南米流浪を経て再びパリに渡り、ル・サロン褒賞受賞。帰国後二紀会会員となる。第12回安井賞受賞。昭和45年より52年までスペイン・フランスに滞在、この間二紀展に出品した「私の話を聞いてくれ」が文部大臣賞を受賞。常に自己を厳しく見つめ、自己の内面を執拗かつ鋭利に掘り下げる制作態度を貫いた。神戸市文化賞・兵庫県文化賞受賞。昭和60年(1985)神戸にて歿、57才。 (引用元 コトバンク)

「鴨居玲」と関連する人物(故人)