芸能人・経営者のおくやみ情報

猪木正道 氏

評論家、京都大学名誉教授、元防衛大校長[日本]

2012年 11月5日 死去老衰享年99歳

猪木 正道(いのき まさみち、1914年(大正3年)11月5日 - 2012年(平成24年)11月5日)は京都大学名誉教授、元防衛大学校長(第3代)、財団法人平和・安全保障研究所顧問を歴任し、「日本政治学界の大御所的存在で、安全保障問題の論客」として知られていた、日本の政治学者である。
専門は、政治思想。
法学博士(京都大学、1962年(昭和37年))でもある。
京都府京都市生まれ。
6歳から16歳までを三重県上野(現在の伊賀市)で過ごす。
東京大学在学中は河合栄治郎の演習に参加し、自由主義と社会主義双方に立脚した考えをもとにした人格主義的理想主義から共産主義と軍部の政治関与のいずれをも批判する態度に共鳴し、戦後日本の平和主義に潜む危険性に警鐘を鳴らしていた。
特に、旧ソ連で非人間的な独裁制に至ったマルクス主義の理論的欠陥を訴えるなど、社会主義への理解のある政治思想家の中では反共色の強い政治思想家でもあった。
ただし、中川八洋は「猪木は隠れソビエトシンパだった。
」と批判している。
1982年の中川の批判に対して猪木は名誉毀損で訴訟を起こしたが、猪木側で和解を提唱し和解となった。

安全保障の論客として知られる猪木正道京都大名誉教授が5日午前5時46分、老衰のため京都市の病院で死去していたことが分かった。98歳だった。 葬儀は済ませた。喪主は長男武徳(たけのり)氏。 

いのき-まさみち 1914-2012昭和後期-平成時代の政治学者。大正3年11月5日生まれ。東京帝大在学中,河合栄治郎らに経済学をまなび,三菱経済研究所にはいる。昭和24年京大教授。リベラリズムを基盤にマルクス主義を批判,民社党の理論的支柱となる。45年防衛大学校長。55年青山学院大教授。平成13年文化功労者。平成24年11月5日死去。98歳。京都出身。著作に「ロシア革命史」「独裁の政治思想」など。 (引用元 コトバンク)