芸能人・経営者のおくやみ情報

エリオット・カーター 氏

現代音楽作曲家[アメリカ]

2012年 11月5日 死去享年104歳

エリオット・カーター(Elliott Carter, 1908年12月11日 - 2012年11月5日)は、アメリカの現代音楽の作曲家。
チャールズ・アイヴズに推薦状を書いてもらい、大学に入学(cf.カイル・ガン)。
ハーヴァード大学でウォルター・ピストンやグスタフ・ホルストに師事し、ケンブリッジのロンギー音楽院やパリのエコールノルマル音楽院でも学ぶ。
パリではナディア・ブーランジェの指導を受けた。
作風は新古典主義から12音技法へと推移し、「リズミックモジュレーション」や「ピッチクラス・セット理論」といった概念を打ち出して個性を確立する。
『オーケストラのための変奏曲』、及び『弦楽四重奏曲第3番』でピューリッツァー賞を受賞。
1970年代末にはピエール・ブーレーズが評価して、ヨーロッパ方面からの認知が進む。
1930年代から作曲家として活動しているにもかかわらず、50代で現代音楽の最前衛に立ち、ヨーロッパに紹介されたのは70代、100歳を超えてからも現役の作曲家として委嘱が入る生活をした。

エリオット・カーター(Elliott Carter 1908.12.11-2012.11.5) アメリカの現代音楽作曲家。 エリオット・カーター - Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Elliott_Carter (引用元 Hatena Keyword)

「エリオット・カーター」と関連する人物(故人)