芸能人・経営者のおくやみ情報

堅山南風 氏

日本画家[日本]

1980年 12月30日 死去享年94歳

堅山南風 - ウィキペディアより引用

堅山 南風(かたやま なんぷう、本名:熊次、1887年(明治20年)9月12日 - 1980年(昭和55年)12月30日)は昭和を代表する日本画家の一人。
熊本県に生まれる。
熊本市立壺川小学校出身。
家業は油などの製造卸売。
堅山が幼少の頃両親が相次いで亡くなり、経営が傾くも、苦学しながら絵画の勉強をする。
23歳の時上京、高橋広湖の門下生になる。
1912年の文展で2等に入選、1等に該当する作品がなかったことから、事実上の最優秀賞に輝いた。
この頃から横山大観に師事して日本画を学び、再興日本美術院にて次々と作品を発表する。
一時的にスランプに陥り、インドに渡る。
1958年、日本芸術院会員。
1968年、文化勲章受章。
主な作品 中尊寺五大堂天井画『瑞祥龍』 14×6m 『春瀬』 1942年 彩色・絹本・額 58.8×72.3cm 『霜月頃』 1913年 日光山輪王寺薬師堂天井画『鳴龍』 1968年 主な作品収蔵先 東京国立近代美術館 山種美術館 世田谷美術館 富士美術館 熊本県立美術館 富山県立近代美術館 など。