芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハン・ベルヌーイJohann Bernoulli

数学者[スイス]

(ロピタルの定理の発見者)

1748年 1月1日 死去享年82歳

ヨハン・ベルヌーイ - ウィキペディアより引用

ヨハン・ベルヌーイ(Johann Bernoulli、1667年7月27日 - 1748年1月1日)は、スイスの数学者。
フランス語読みでジャン・ベルヌーイ (Jean Bernoulli) と表記されることもある。
ロピタルの定理として知られる微分の平均値の定理の発見者である。
父親はバーゼル市の指導者であったフランス系ニコラス・ベルヌーイ (1623-1708)。
レムニスケートに名前の残る数学者ヤコブ・ベルヌーイ (1654-1705) はニコラスの長男、ヨハン・ベルヌーイは10番目の子である。
ベルヌーイ家は17世紀から18世紀にかけて少なくとも8人の数学者を輩出した。
ヨハンの子であるニコラスII世 (en)、ダニエル、ヨハンII世の3人、また、ヤコブの弟でありヨハンの兄である画家のニコラスの子であるニコラス (en) も数学者。
彼は兄とともに、ライプニッツの微積分法の発展に寄与した。
彼は他にも、重力場における粒子の運動に関する問題など、応用数学の様々な分野で多くの貢献を成した。

「ヨハン・ベルヌーイ」と関連する人物(故人)