訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

宗湛

、文明13年3月9日没[日本]

(ユリウス暦) 1481年 4月16日 死去享年歳

宗湛(そうたん、応永20年(1413年) - 文明13年3月9日(1481年4月16日))は、室町時代中期の画僧。
宗丹とも書く。
字は小二郎(または小三郎)。
自牧と号した。
小栗満重の子。
生涯 武将・小栗助重として 鎌倉府(鎌倉公方)の管轄国内の武士でありながら室町幕府の征夷大将軍と直接主従関係を結ぶ京都扶持衆の一つである常陸小栗氏の出身であり、初めは小栗 助重(おぐり すけしげ)という名(俗名)の武将であった。
この頃の常陸小栗氏は、応永30年(1423年)に小栗満重が鎌倉公方・足利持氏に対し反乱(小栗満重の乱)を起こして没落していた。
その持氏が永享の乱を起こして自害すると、結城氏朝がその遺児(足利春王丸・足利安王丸)を擁して挙兵するが(結城合戦)、満重の子または弟(前者が有力)である助重がこの戦いで武功を立てたことにより、旧領への復帰を許され、家督を継承。
題名
秀吉と博多の豪商―『宗湛日記』にみる茶湯と政治 (海鳥ブックス)
著者
工藤瀞也
発売元
海鳥社
発売日
1997-11
新品価格
より
中古商品
¥ 379 より
題名
神屋宗湛 (西日本人物誌9)
著者
発売元
西日本新聞社
発売日
1998-10
新品価格
より
中古商品
¥ 850 より
題名
神屋宗湛の残した日記
著者
発売元
講談社
発売日
1995-06
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
日本の美術 no.334 水墨画ー如拙・周文・宗湛
著者
文化庁
発売元
至文堂
発売日
1994-03
新品価格
より
中古商品
¥ 244 より
題名
神屋宗湛の残した日記 (講談社文芸文庫)
著者
発売元
講談社
発売日
2010-02-10
新品価格
¥ 1,404 より
中古商品
¥ 647 より
題名
名護屋城の謎―豊臣秀吉と神屋宗湛
著者
原口泱泰
発売元
光陽出版社
発売日
1999-01
新品価格
より
中古商品
¥ 999 より
題名
幻の絵師 小栗宗湛
著者
岩田篤
発売元
近代文芸社
発売日
1995-06
新品価格
より
中古商品
¥ 2,500 より
題名
宗湛修羅記―秀吉と利休を見た男
著者
森真沙子
発売元
祥伝社
発売日
1999-04
新品価格
より
中古商品
¥ 270 より
題名
博多商人と神屋宗湛についての覚書 (1974年)
著者
松岡治
発売元
発売日
1974
新品価格
より
中古商品
¥ 7,000 より
題名
神屋宗湛の残した日記 (講談社文芸文庫)
著者
発売元
講談社
発売日
2010-02-10
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP