芸能人・経営者のおくやみ情報

馬渕晴子 氏

女優[日本]

2012年 10月3日 死去肺がん享年77歳

馬渕 晴子(まぶち はるこ、本名;井上 明子〈いのうえ はるこ〉、1936年(昭和11年)11月2日 - 2012年(平成24年)10月3日)は、日本の女優。
東京都出身。
身長159cm、体重40kg。
夫は井上孝雄(二男あり)。
人物・来歴 日活にスカウトされ、1954年に『女人の館』でスクリーンデビュー。
1957年(昭和32年)にはNHK専属女優となり、小林千登勢、冨士眞奈美と共にNHK3人娘として人気を博した。
井上孝雄との結婚・出産のため、一時休業していたが、1961年の『記念樹』で復帰。
その後も主人公の母親役に抜擢されることが多く、名脇役として活躍。
日本人女優として初のヌードグラビアを披露した女優でもあり、『アサヒカメラ』誌上での見事なヌードは話題を呼んだ。
さらに居住していた都内のマンションが地上げ屋の被害に遭い、不動産業者と裁判で争う姿がワイドショーで連日報道され時の人となり、1986年、新語・流行語大賞において地揚げ・底地買いで不快語追放応援賞を受賞している。

母親役などで活躍した女優の馬渕晴子(まぶち・はるこ、本名井上明子=いのうえ・はるこ)さんが3日午前9時51分、肺がんのため東京都品川区の病院で死去した、75歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行う。 1954年、映画「女人の館」でデビュー。NHK3人娘の1人として人気を集め、映画「祭りの準備」「星空のマリオネット」などに出演。NHK連続テレビ小説「雲のじゅうたん」、TBS系「赤い激流」などテレビドラマでも存在感ある演技で知られた。最近も2009年の映画「星の国から孫ふたり」に自閉症児の祖母役で出演。来年公開予定の映画「ばななとグローブとジンベエザメ」が最後の作品となった。 

日本の女優。1936年11月2日、東京都生まれ。高校生の時にスカウトされ、芸能界入りをする。54年映画「女人の館」でデビュー。59年にドラマ「あの波の果てまで」でヒロインを演じて注目される。57年にNHK専属となり、冨士真奈美、小林千登勢とともにドラマ「輪唱」をきっかけに「NHK3人娘」と呼ばれて人気となった。60年に俳優の故・井上孝雄氏と結婚し、井上との間に2男をもうけた。一時、芸能界を離れたが、長男を出産後、復帰。数多くの映画やドラマで母親役を演じ、演技派の脇役として多くの作品に出演した。12年10月3日肺がんのため逝去。享年75。 (2012-10-04) (引用元 コトバンク)

「馬渕晴子」と関連する人物(故人)