訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

大津皇子(おおつのみこ)

皇族[日本]
(天武天皇の皇子、朱鳥元年10月3日薨去)
(ユリウス暦) 0686年 10月25日 死去自害享年24歳
大津皇子 - ウィキペディアより引用
大津皇子(おおつのみこ、663年(天智天皇2年) - 686年10月25日(朱鳥元年10月3日))は、飛鳥時代の皇族。
天武天皇の皇子。
母は天智天皇皇女の大田皇女。
同母姉に大来皇女。
妃は天智天皇皇女の山辺皇女。
生涯 663年(天智天皇2年)、九州の那大津で誕生。
『日本書紀』によれば天武天皇の第3子とされる(『懐風藻』では長子とされる)。
『懐風藻』によると「状貌魁梧、器宇峻遠、幼年にして学を好み、博覧にしてよく文を属す。
壮なるにおよびて武を愛し、多力にしてよく剣を撃つ。
性すこぶる放蕩にして、法度に拘わらず、節を降して士を礼す。
これによりて人多く付託す」(体格や容姿が逞しく、寛大。
幼い頃から学問を好み、書物をよく読み、その知識は深く、見事な文章を書いた。
成人してからは、武芸を好み、巧みに剣を扱った。
その人柄は、自由気ままで、規則にこだわらず、皇子でありながら謙虚な態度をとり、人士を厚く遇した。
このため、大津皇子の人柄を慕う、多くの人々の信望を集めた)とある。
『日本書紀』にもおなじ趣旨の讃辞が述べられており、抜群の人物と認められていたようである。
題名
小説 大津皇子―二上山を弟(いろせ)と
著者
上島秀友
発売元
青垣出版
発売日
2013-10-01
新品価格
¥ 1,620 より
中古商品
¥ 1,016 より
題名
大津皇子
著者
町田俊子
発売元
幻冬舎
発売日
2015-05-20
新品価格
¥ 1,512 より
中古商品
¥ 200 より
題名
天翔る白日―小説 大津皇子 (中公文庫)
著者
発売元
中央公論社
発売日
1986-06
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
天翔る白日―小説 大津皇子
著者
発売元
中央公論社
発売日
1983-11-25
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
天翔る白日―小説 大津皇子 (中公文庫)
著者
発売元
中央公論社
発売日
1996-10
新品価格
より
中古商品
¥ 48 より
題名
大津皇子 (角川選書 95)
著者
生方たつゑ
発売元
KADOKAWA
発売日
1978-09
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
大津皇子怨念の歌 柿本人麻呂を探して
著者
井上智幸
発売元
文芸社
発売日
2009-06-01
新品価格
より
中古商品
¥ 4,172 より
題名
白鳳の絶唱―大津皇子の生涯
著者
山路麻芸
発売元
春秋社
発売日
1987-04
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
古代日本の実像をひもとく出雲の謎大全 (できる大人の大全シリーズ)
著者
瀧音能之
発売元
青春出版社
発売日
2018-01-25
新品価格
¥ 1,080 より
中古商品
より
題名
大津大浪皇子―狂乱の桜
著者
清川かじか
発売元
文芸社
発売日
2010-05-01
新品価格
より
中古商品
¥ 4,694 より

「大津皇子」と関連する人物(故人)

天智天皇 天武天皇 持統天皇 聖武天皇 黒岩重吾 明日香

↑ PAGE TOP