芸能人・経営者のおくやみ情報

大津皇子(おおつのみこ)

皇族[日本]

(天武天皇の皇子、朱鳥元年10月3日薨去)

(ユリウス暦) 0686年 10月25日 死去自害享年24歳

大津皇子 - ウィキペディアより引用

大津皇子(おおつのみこ、663年(天智天皇2年) - 686年10月25日(朱鳥元年10月3日))は、飛鳥時代の皇族。
天武天皇の皇子。
母は天智天皇皇女の大田皇女。
同母姉に大来皇女。
妃は天智天皇皇女の山辺皇女。
生涯 663年(天智天皇2年)、九州の那大津で誕生。
『日本書紀』によれば天武天皇の第3子とされる(『懐風藻』では長子とされる)。
『懐風藻』によると「状貌魁梧、器宇峻遠、幼年にして学を好み、博覧にしてよく文を属す。
壮なるにおよびて武を愛し、多力にしてよく剣を撃つ。
性すこぶる放蕩にして、法度に拘わらず、節を降して士を礼す。
これによりて人多く付託す」(体格や容姿が逞しく、寛大。
幼い頃から学問を好み、書物をよく読み、その知識は深く、見事な文章を書いた。
成人してからは、武芸を好み、巧みに剣を扱った。
その人柄は、自由気ままで、規則にこだわらず、皇子でありながら謙虚な態度をとり、人士を厚く遇した。
このため、大津皇子の人柄を慕う、多くの人々の信望を集めた)とある。
『日本書紀』にもおなじ趣旨の讃辞が述べられており、抜群の人物と認められていたようである。

おおつのおうじ [生]天智2(663)[没]朱鳥1(686).10.3.天武朝の皇族政治家,歌人,漢詩人。天武天皇の第3皇子で,母は大田皇女(ひめみこ)。同母の姉に万葉歌人大伯(おおくの)皇女がいる。壬申(じんしん)の乱のとき,近江を脱出して父の一行に合流,父は大いに喜んだという。天武12(683)年初めて朝政に参与したが,天皇崩御の直後,皇太子草壁皇子に謀反のかどをもって捕えられ処刑された。『日本書紀』『懐風藻』の伝によれば,文武に秀でた大人物で,「詩賦の興れるは大津より始る」とされる。『万葉集』に短歌4首,『懐風藻』に漢詩4編を残しているが,このうち『万葉集』巻三の辞世の歌と『懐風藻』の『五言臨終一絶』は有名で,高く評価されている。 (引用元 コトバンク)

「大津皇子」と関連する人物(故人)