芸能人・経営者のおくやみ情報

フランツ・シューベルト

作曲家[オーストリア]

1828年 11月19日 死去享年32歳

フランツ・シューベルト - ウィキペディアより引用

フランツ・ペーター・シューベルト(ドイツ語: Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。
各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく、「歌曲の王」と呼ばれることもある。
後述の理由により、本稿ではシューベルトの作品番号として「D.○○」を用いず「D○○」という表記を採用する。
生涯 誕生 フランツはウィーン郊外のリヒテンタールで生まれた。
メーレン(モラヴィア)から移住したドイツ系の農夫の息子である父のフランツ・テオドールは教区の教師をしており、母エリーザベト・フィッツは結婚前ウィーン人家族のコックをしていた。
成人したのは長男イグナーツ(1785年生まれ)、次男フェルディナント(1794年生まれ)、三男カール(1796年生まれ)、次いで第12子のフランツ、娘のテレジア(1801年生まれ)であった。

Franz Schubert (1797-1828) オーストリアの作曲家シューベルト。歌曲王。本名、Franz Peter Schubert。 歌曲集《美しき水車小屋の娘》《冬の旅》《白鳥の歌》、歌曲《岩の上の牧人》《アヴェ・マリア》《魔王》《野ばら》《糸を紡ぐグレートヒェン》....、オペラ《アルフォンソとエストレッラ?》《フィエラブラス?》、付随音楽《ロザムンデ》、五重奏「ます」、ピアノ三重奏曲、幻想曲、「楽興の時」、交響曲第1〜9番など、短い生涯に700を越す作品を残した。 1797年1月31日オーストリア、ウィーン生まれ。 6歳から音楽教育を受け才能を現す。1808年から帝室コンヴィクト寄宿生として学び、さらに音楽に開眼。 1813年教職に就き、同時に本格的に作曲活動を開始。1815年までに「魔王」「野ばら」など有名作品を含む144曲の歌曲を作曲。 1818年〜24年、エステルハージ家の非常勤音楽教師に就職。この間、1822年ベートーヴェンの知見を得、その才能を賞賛されたといわれる。 1828年11月19日ヴィーンにて腸チフスにより31歳で急逝。 (引用元 Hatena Keyword)