芸能人・経営者のおくやみ情報

岡田米山人

文人画家[日本]

(文政3年8月9日没)

1820年 9月15日 死去享年77歳

岡田米山人 - ウィキペディアより引用

岡田米山人(おかだべいさんじん、延享元年(1744年) - 文政3年8月9日 (旧暦) 8月9日(1820年9月15日))は江戸時代後期の大坂を代表する文人画 文人画家。
岡田半江はその子(養子説有り)である。

俗称を岡田彦兵衛、あるいは米屋彦兵衛(よねやひこべえ)と称し一説には彦吉とも称したという。
名前 名を国、字は士彦(しげん)、号 (称号) 画号を米山人、米翁といった。

米山人の前半生の事績については詳しいことは伝わっていない。
その生まれについても大坂説、神戸市 神戸生田区 生田村説、丹波国 丹波八木町 八木説などがある。
まだ両親、兄弟、先祖についても全くわかっていない。

若い頃に播磨国神東郡剣坂村(兵庫県加西市西剣坂)の庄屋安積喜平治の寵愛を受け、同家に寓居し米をつきながら寸暇を惜しんで書を読み熱心に詩作する。
この評判が聞こえ郡代の前で幾たびか講義をすることもあった。
妙齢になり大坂に出る意向を示すと喜平治より金銭的な支援を受け米屋を開業できた宇都宮大潔『播磨奇人伝』(森銑三による指摘で近年事実と認められた)。
この米屋は寒山寺裏長池(大阪市北区 (大阪市) 北区曽根崎一丁目、曽根崎天神付近)にあったと思われる。
また安積家に仕えた乳母を喜平治の世話により妻に迎えている。
画号の米山人も稼業の由来であろう。

「岡田米山人」と関連する人物(故人)