芸能人・経営者のおくやみ情報

大岡春卜

狩野派絵師[日本]

(宝暦13年6月19日没)

1763年 7月29日 死去享年84歳

大岡春卜(おおおかしゅんぼく、延宝8年(1680年) – 宝暦13年6月19日 (旧暦) 6月19日(1763年7月29日))は、江戸時代中期 大坂を代表する狩野派の画家。
法眼位に叙せられる。

名前 名は愛翼、愛董。
春卜をはじめ雀叱、一翁、翠松などの号 (称号) 諸号がある。
高平春卜と名乗る時期もあった。

大坂に生まれる。
正統な師にはつかず独学で狩野派を学んだ。
マンネリ化し停滞気味の狩野派をよそに大胆な構図と個性豊かな筆致で作品を画き、高い評価を得た。
絵画の普及に努め、『画本手鑑』などの絵手本や画論を刊行した。
また冊子の挿し絵を得意とし、庶民からも人気を博した。
朝廷に厚遇され法眼(1735年)を叙されている。

幼少期の木村蒹葭堂に画の手ほどきをしたことで知られ、伊藤若冲が春教と号していた頃の狩野派の師である。
多くの門人を育て大岡派の祖となった。
享年84。

「大岡春卜」と関連する人物(故人)