芸能人・経営者のおくやみ情報

安重根

犯罪者、テロリスト[朝鮮]

(ハルピンで伊藤博文を暗殺)

1910年 3月26日 死去処刑享年32歳

安重根 - ウィキペディアより引用

安 重根(日本語読み;あん じゅうこん、朝鮮語読み;アン・ジュングン、朝鮮語表記:안중근、1879年9月2日 - 1910年3月26日)は、大韓帝国時代の朝鮮の独立運動家で、前韓国統監の伊藤博文を、1909年10月26日に満州のロシア権益のハルビン駅構内で襲撃して殺害した暗殺者である。
ロシア官憲に逮捕されて日本の関東都督府に引き渡され、1910年3月26日に処刑された。
(テロリストか義士かの評価については下記) 生い立ち 現在は北朝鮮にある黄海道の道都海州府首陽山の両班の家に三男一女の長男として生まれた。
本人執筆の自伝によると、性格が軽急に近いので名(諱)を重根(중근、ジュングン/チュングン)と、胸腹に黒子が7箇所あったので字は應七(응칠、ウンチル、日本語読みでは「おうひち」)と名づけられたと言う。
実名敬避の習慣から通常は、安應七(アン・ウンチル)を名乗っていた。
本人が重根を使い始めたのは暗殺事件の直前である。
安の生家は資産家で、多数の土地から小作料を取って生活する大地主(地方両班)であり、祖父・安仁寿が鎮海県監を務めるなど、地元の名家でもあった。

1879年〜1910年 1909年10月26日、韓国の保護国化を推進し、朝鮮における日本の統治推進を行った前韓国統監伊藤博文をハルビンにて暗殺したテロリスト・民族主義者・独立運動家。 1910年3月26日、死刑執行。 死刑判決はバレンタインデーと同じ、2月14日。 韓国では日本の植民地支配(正確にはそれを目指した動き)に抵抗した英雄として今でも尊敬されている。『多黙 安重根』という映画が2004年に製作され、BoAといった歌手が安重根義士記念事業会に5000万ウォンを寄付し、「映画『多黙 安重根』を観て少しでも愛国心を持ってくれたらと思う」と語ったことなどが報道された。 もともと朝鮮政府側の義兵として甲午農民戦争(東学党の乱)の際に農民軍の鎮圧にあたるなど活躍したが、後にカトリックの洗礼を受けた。その後、平壌に出て愛国啓蒙運動に触れ、日本の植民地支配への動きに反感を抱く。愛国啓蒙思想から教育事業などを行ったが、植民地化の進展とともに抵抗運動(義兵闘争)に参加した。 (引用元 Hatena Keyword)