芸能人・経営者のおくやみ情報

塩野適斎(しおのてきさい)

八王子千人同心組頭[日本]

(弘化4年11月16日没)

1847年 12月23日 死去享年73歳

塩野 適斎(しおの てきさい、安永4年(1775年) - 弘化4年11月16日(1847年12月23日))は八王子千人同心組頭。
組頭・河西知礼の次男として生まれる。
別名、河西知哲。
寛政3年(1791年)、17歳のとき、組頭・塩野光廸(鶏沢)の養子となり、通称を所左衛門といい、諱は轍、適斎と号す。
剣術にすぐれ、太平真鏡流開祖・若菜豊重に入門し、免許皆伝。
多くの千人同心に剣術を教えた。
文化10年(1813年)、八王子千人頭・原胤敦に地誌制作の幕命があると、植田孟縉らとともに武蔵国の多摩郡、高麗郡、秩父郡の地誌編纂に従事、『新編武蔵風土記稿』の一部を完成させる。
さらに『新編相模国風土記稿』の編纂にも従事した。
文政7年(1824年)、前年の怪文書のため不行跡との理由から、適斎を含む同僚50人が譴責処分となり、平同心に格下げとなった。
文政10年(1827年)、『桑都日記』正続41巻を完成させ、幕府に献上した(「桑都」(そうと)とは織物の町・八王子のこと)。