芸能人・経営者のおくやみ情報

佐々木小次郎(ささきこじろう)

剣客[日本]

(宮本武蔵と決闘し敗れる、慶長17年4月13日没)

1612年 5月13日 死去討死享年歳

佐々木小次郎 - ウィキペディアより引用

佐々木 小次郎(ささき こじろう、? - 慶長17年4月13日(1612年5月13日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の剣客。
号は岩流(巖流、岸流、岸柳、岩龍とも)。
ただし、名前についての詳細は不明な点も多い。
宮本武蔵との巌流島での決闘で知られる。
伝承における生涯 出身については、豊前国田川郡副田庄(現福岡県田川郡添田町)の有力豪族佐々木氏のもとに生まれたという説がある他、1776年(安永5年)に熊本藩の豊田景英が編纂した『二天記』では越前国宇坂庄浄教寺村(現福井県福井市浄教寺町)と記されており、秘剣「燕返し」は福井にある一乗滝で身につけたとされている。
生年は天正もしくは永禄年間とされる。
中条流富田勢源、あるいは富田勢源門下の鐘捲流の鐘捲自斎の弟子とされている。
初め、安芸国の毛利氏に仕える。
武者修業のため諸国を遍歴し、「燕返し」の剣法を案出、「岩流」と呼ばれる流派を創始。
小倉藩の剣術師範となる。
1612年(慶長17年)、この「岩流」は剣豪宮本武蔵に挑戦。
武蔵と九州小倉の「舟島」で決闘し、これに敗れて死んだ。

ささきこじろう(?-1612) 江戸初期の剣客。 燕返し等の技を編み出し、自らの剣術を巌流と称した。 巌流島(がんりゅうじま現・山口県)で宮本武蔵と試合し、敗死。 (引用元 Hatena Keyword)