芸能人・経営者のおくやみ情報

大久保彦左衛門(おおくぼひこざえもん)

戦国武将、旗本[日本]

(諱・忠教、寛永16年2月29日没)

1639年 4月2日 死去享年79歳

大久保彦左衛門 - ウィキペディアより引用

『大久保忠教』より : 大久保 忠教(おおくぼ ただたか)は、戦国時代から江戸時代前期の武将。
江戸幕府旗本。
徳川氏家臣・大久保忠員の八男。
通称の彦左衛門で有名。
幼名は平助。
一時忠雄とも名乗った。
兄に大久保忠世、大久保忠佐、大久保忠為ら。
子に大久保忠名、大久保包教、大久保政雄らがいる。
妻は馬場信成の娘。
『三河物語』の著者としても知られる。
生涯 永禄3年(1560年)、三河国上和田(愛知県岡崎市)に誕生。
徳川氏に仕え、17歳のときに兄・忠世と供に遠江平定戦に参加。
犬居城での合戦が初陣という。
以後、忠世や忠佐らの旗下で各地を転戦し、高天神城攻めで岡部元信を討ち、天正13年(1585年)の第一次上田城の戦いでは全軍が真田昌幸の采配に翻弄される中、兄らと奮戦した。
天正18年(1590年)、小田原征伐の後、主君・徳川家康が江戸に移封され、兄・忠世およびその子で甥忠隣が相模国小田原城主に任じられると3000石を与えられる。
慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは 秀忠の軍に同行し第2次上田城攻めに加わった。
このころ、次兄の忠佐は駿河国沼津城主となって2万石を領していたが忠佐の嫡子・忠兼が早世してしまったため、弟の忠教を養子として迎えて後を継がせようとしていた。

おおくぼひこざえもん [生]永禄3(1560).小田原[没]寛永16(1639).2.1.江戸江戸時代初期の旗本。忠員の8男に生れ,初め忠雄,のち忠教(ただたか),字は平助。天正4(1576)年16歳の初陣に戦功をあげ旗本に列せられ,以来徳川家康に仕えて功績があった。大名になることを固辞し,「天下の御意見番」として家康の諮問にこたえたという。のち,秀忠,家光に仕え,戦国時代生残りの勇士として旗本のなかに重きをなした。その著『三河物語』(3巻,1622)はいわゆる三河武士の精神を典型的に示したもの。禄高は三河額田郡に2000石。邸跡が東京都千代田区神田駿河台にある。(→一心太助) (引用元 コトバンク)