芸能人・経営者のおくやみ情報

今井信郎(いまいのぶお)

幕臣[日本]

(坂本龍馬暗殺の実行犯とされる)

1918年 6月25日 死去享年78歳

今井信郎 - ウィキペディアより引用

今井 信郎(いまい のぶお、天保12年10月2日(1841年11月14日) - 大正7年(1918年)6月25日)は、江戸時代末期(幕末)から明治初期の武士(幕臣)。
京都見廻組に参加しており、近江屋事件で暗躍したとされている。
明治維新後は、自由民権運動を展開した三養社に携わり、榛原郡初倉村(現在の静岡県島田市初倉地域)の村長を務めた。
生涯 天保12年10月2日(1841年11月14日)、江戸本郷湯島天神下(現在の東京都文京区湯島)の幕臣の家に生まれる。
嘉永3年(1850年)、10歳で元服して為忠と名乗る。
この年より湯島聖堂に出仕、和漢の道や絵画などを学ぶ。
安政5年(1858年)、直心影流・榊原鍵吉の門下に入り、20歳で免許皆伝、講武所師範代を拝命した。
また、片手打ちという独自の剣法を編み出すが、師より封印される。
文久3年(1863年)、柔術の指南を受けた神奈川奉行所取締役・窪田鎮章の配下となり、窪田から扱心流体術を習った。
その後、遊撃隊頭取として京都に赴き、上京後は佐々木只三郎の京都見廻組に参加した。

1841年11月14日〜1918年6月25日 日本の江戸時代末期から明治時代初期に活躍した武士。京都見廻組に参加し、近江屋事件で暗躍したとされている。 (引用元 Hatena Keyword)

「今井信郎」と関連する人物(故人)