芸能人・経営者のおくやみ情報

宮本顕治 氏

政治家、元日本共産党中央委員会議長[日本]

2007年 7月18日 死去老衰享年98歳

宮本顕治 - ウィキペディアより引用

宮本 顕治(みやもと けんじ、1908年(明治41年)10月17日 - 2007年(平成19年)7月18日)は、日本の政治家、文芸評論家。
通称ミヤケン。
戦前の非合法政党時代からの日本共産党の活動家であり、戦後、1958年に党の書記長に就任してから40年間、日本共産党を指導した。
参議院議員(2期)を務め、日本共産党書記長、同委員長、同議長を歴任。
学生時代から入党まで 山口県現在の光市上島田出身。
旧制徳山中学校から松山高等学校に進学、社会科学研究会を創立し、文芸誌『白亜紀』を発行するなどの活動をおこなった。
東大在学中の1929年(昭和4年)8月、芥川龍之介を論じた「『敗北』の文学」で雑誌『改造』の懸賞論文に当選し、文壇にデビュー(次席は小林秀雄の『様々なる意匠』)。
1931年(昭和6年)3月、東京帝国大学経済学部卒業。
1931年(昭和6年)5月、日本共産党に入党し、日本プロレタリア作家同盟に加盟。
その後、党の中央アジテーション・プロパガンダ部員に就任。
1932年(昭和7年)2月、作家・中條百合子と結婚(ただし事実婚)。

みやもとけんじ [生]1908.10.17.山口[没]2007.7.18.東京政治家。1931年東京帝国大学卒業後,日本共産党に入党。1933年の共産党スパイ査問事件のあと検挙されたが,非転向を貫く。第2次世界大戦後の1945年10月,網走刑務所から釈放され,『前衛』主幹,政治局員,統制委員会議長など党中枢にあったが,しだいに徳田球一の指導部と対立。1950年のコミンフォルム批判を受け入れ,国際派を形成し,徳田主流派と争った。党はその後武力闘争路線に走ったが,これに批判的であった宮本は,1955年の六全協における党の極左冒険主義への自己批判以後,党内主導権を確立し,1958年徳田直系の志田重男を除名して書記長に就任。1964年にはソビエト連邦派の志賀義雄らも除名して,党を完全に掌握した。国際的には1966年に訪中したが,毛沢東の武力革命方式と対立して中国共産党と絶縁。以後中ソ両共産党と一線を画する自主独立路線を歩む。国内的にも平和革命路線,国会重視,自由化を大胆に推し進め,1960年代後半から1970年代前半にかけ,選挙ごとに党勢を伸ばした。1970年,党中央委員会幹部会委員長となり,不破哲三書記局長ら若手指導部を育成して不動の宮本体制を確立した。1982年8月不破の委員長就任に伴って中央委員会議長となる。1997年9月引退し名誉議長,2000年名誉役員の一人となる。1977~89年参議院議員。 (引用元 コトバンク)