芸能人・経営者のおくやみ情報

津島恵子 氏(つしまけいこ)

女優[日本]

2012年 8月1日 死去胃がん享年87歳

津島恵子 - ウィキペディアより引用

津島 恵子(つしま けいこ、1926年2月7日 - 2012年8月1日)は、日本の女優。
本名は森(旧姓:倉成)直子。
長崎県下県郡厳原町(現:対馬市)出身。
東洋音楽学校(現:東京音楽大学)中退。
人物・経歴 1947年、松竹作品『安城家の舞踏会』でデビュー。
以降、松竹専属となり、鶴田浩二とのコンビで人気を得る。
1953年、今井正監督の『ひめゆりの塔』にて初めて他社の映画に出演し、代表作になる。
翌年には松竹を退社し、フリーに。
黒澤明監督の『七人の侍』などで好演。
ほかにも『お茶漬の味』『浮草日記』などに続々と出演。
1957年に当時の東宝副社長・森岩雄の子息(森伊千雄)と結婚したのを機に一時的に映画界からは遠ざかるが、1970年代にテレビドラマを中心にカムバック。
上品な母親役で活躍した。
2012年8月1日、胃がんのため東京都内の病院で死去。
86歳没。
エピソード 代表作の一つである『七人の侍』で志乃を演じたが、監督の黒澤明は「志乃はお転婆な娘というイメージで創ったけど、津島君はどちらかと言えばお行儀の良いタイプだった」と語っている。

映画「ひめゆりの塔」「七人の侍」で知られる女優の津島恵子(つしま・けいこ、本名森直子=もり・なおこ)さんが1日午前10時20分、胃がんのため東京都中央区の病院で死去した。86歳だった。長崎県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は夫森伊千雄(もり・いちお)さん。 1947年、「安城家の舞踏会」でデビュー。正統派の和風女優として売り出し、松竹の「大船調メロドラマ」の一翼を担った。小津安二郎監督の「お茶漬の味」に出演した後、松竹在籍中の53年に東映の「ひめゆりの塔」(今井正監督)でひめゆり部隊を率いる教師を演じ、注目された。その後フリーに転じ、幅広いジャンルで活躍した。 テレビドラマにも進出し、「おれは男だ!」やNHK大河ドラマ「山河燃ゆ」、同連続テレビ小説「さくら」などに出演、優しい母親や祖母役などで親しまれた。 

【つしまけいこ】 女優。長崎県対馬市出身。1947年,松竹映画《安城家の舞踏会》(吉村公三郎監督)でデビュー。1953年《ひめゆりの塔》(今井正監督)で沖縄戦のひめゆり部隊の若い女教師役,1954年《七人の侍》(黒澤明監督)の村娘役を好演し,戦後全盛期の映画の代表的な女優の一人となった。可憐で清純な娘役を得意な役柄とした。後年はTVドラマでも活躍,上品な母親役や祖母役を演じた。 (引用元 コトバンク)