芸能人・経営者のおくやみ情報

服部正 氏

作曲家[日本]

2008年 8月2日 死去老衰享年100歳

服部正 - ウィキペディアより引用

服部 正(はっとり ただし、1908年3月17日 - 2008年8月2日)は日本の作曲家。
日本のクラシック音楽の大衆化に努めた。
経歴・人物 東京市神田区出身。
青山学院中等部を経て慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、三井生命保険株式会社に入社したが40日で退社。
学生時代にはマンドリンクラブに所属。
1930年に「オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ」主催のマンドリンオーケストラ作曲コンクールで『叙情的風景』が入選。
その後、菅原明朗に師事した。
1932年、帝国音楽学校講師となる。
1933年、『管弦楽のための組曲』を山田耕筰指揮・日本交響楽団演奏にてNHKより放送。
1935年には初のオペラ『雁の渡る日』をNHKより発表。
1936年、時事新報主催の音楽コンクールで三部作『旗』の一曲『西風に飜える旗』が二等入賞。
1939年、東邦音楽学校(現在の東邦音楽大学)校歌『東邦の歌』制定時、在職教員であった植村敏夫が作詞を、服部正が作曲を担当した。
戦中から戦後にかけては『次郎物語』や黒澤明監督の『素晴らしき日曜日』などの映画音楽や放送音楽を担当した。

はっとり-ただし 1908-2008昭和-平成時代の作曲家,指揮者。明治41年3月17日生まれ。菅原明朗(めいろう)に師事。昭和10年毎日音楽コンクール作曲部門2位。12年青年日本交響楽団を創立,指揮者をつとめる。15年ビクター専属となり軽音楽や映画音楽を手がけた。戦後はNHK「ラジオ体操第1」など,ラジオ,テレビの放送音楽を作曲,編曲。28年国立(くにたち)音大教授。平成20年8月2日死去。100歳。東京出身。慶大法学部卒。作品にオペラ「真間の手古奈(てこな)」など。 (引用元 コトバンク)