芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャン・ジャック・ルソー

啓蒙思想家[フランス]

1778年 7月2日 死去享年66歳

ジャン・ジャック・ルソー - ウィキペディアより引用

『ジャン=ジャック・ルソー』より : ジャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau、1712年6月28日 - 1778年7月2日)は、ジュネーヴ共和国に生まれ、主にフランスで活躍した哲学者、政治哲学者、作曲家。
一般的には政治哲学や社会思想の側面から語られることが多いが、哲学や倫理学、人間学、自然学の他、音楽や音楽理論、文学や文学理論、舞台芸術などの芸術分野など、幅広い関心を持ち、多方面で独自の思想を残している。
啓蒙思想の時代にあった18世紀フランスで活躍した。
ドゥニ・ディドロ、ジャン・ル・ロン・ダランベール、ヴォルテール等、同時代の多くのフランスの知識人とともに百科全書派の一人に数えられる。
生涯 ジュネーブでの幼年期 1712年、フランス語圏の都市国家ジュネーヴにて、市民階級の時計師の息子として出生。
生後8日にして母を喪う。
7歳頃から父とともに小説や歴史の書物を読む。
この時の体験から、理性よりも感情を重んじる思想の素地が培われた。
1725年、父は退役軍人との喧嘩がもとでジュネーヴから逃亡せねばならぬ仕儀となる。

ジャン・ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau 1712-1778) フランスの思想家、エッセイスト。代表的著書に「社会契約論」「エミール」「告白」「孤独な散歩者の夢想」。 ジュネーヴに1712年、時計職人の子として生まれる。しかし、誕生後すぐに母親を失い、父方の叔母により育てられる。父親は子育てにはあまり関心を示さなかったが、7−8歳ごろの父との読者体験は、ルソーに強烈な印象を与える。1722年、父は喧嘩がもとでジュネーヴを去り、以降、2,3度の再会と数少ない文通以外の交流はない。また、時計職人の徒弟奉公をしていた兄も出奔し、以後、行方不明。ジャン・ジャック自身も牧師の家に寄宿するが、罰として受けた、尻の鞭打ちにひどく性的な恍惚と快感を覚える。そのあとの生活も混迷がずっと続く。 たとえば職人見習いとしてギルドに入るが、親方にひどく扱われグレてみたり、貴族の秘書などの職についてもすべてが長続きせぬまま。このころ将来の愛人となる、ヴァランス夫人と出会い、「ママ」、「坊や」と呼び合う関係が続く。聖職者になろうとして頓挫したり、彼女の庇護が受けられないときは、ローザンヌでパリからきた音楽教師をなりすまし、音楽会さえ開くが、大失敗…とかなりトホホな経験を経てから、パリから戻ったヴァランス夫人のもとで音楽や歴史、科学、数学などの体系的な勉強に、初めてまじめに励む。 ただし、そのままジャン・ジャックは落ち着いてしまうわけもなく、例の浮気癖はつねにムクムクと頭をもたげた。本人の弁では「生涯ただ一度の官能的な恋」らしいが、旅先の乗り合い馬車の中でイギリス人 …… (引用元 Hatena Keyword)