芸能人・経営者のおくやみ情報

石井柏亭 氏

画家画家、美術評論家[日本]

1958年 12月29日 死去享年76歳

石井柏亭 - ウィキペディアより引用

石井 柏亭(いしい はくてい、1882年(明治15年)3月28日 - 1958年(昭和33年)12月29日)は日本の版画家、洋画家、美術評論家。
1882年(明治15年)東京府東京市下谷区下谷仲御徒町(現在の東京都台東区上野)生まれ、本名石井満吉。
父は日本画家の石井鼎湖で、弟は彫刻家の石井鶴三である。
母はふじ。
1892年(明治25年)、11歳の時から柏亭と号して日本美術協会や青年絵画共進会に作品を出品、これ以降、毎年作品を出品しながら、印刷局工生として彫版の見習い生となっている。
1897年(明治30年)浅井忠に入門し、油絵を学び、1900年(明治33年)に結城素明らが自然主義を標榜して結成した无声会に参加、新日本画運動を推進した。
また、中村不折にも師事しており、1902年(明治35年)に結成された太平洋画会に参加。
1904年(明治37年)東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)洋画科に入学するが、眼病のため中退。
雑誌『明星』に挿絵を描いたり、また詩作を発表した。
1907年(明治40年)、山本鼎とともに美術雑誌『方寸』を創刊(ドイツの「ユーゲント」等を念頭に置いたといわれる)。

洋画家。明治15年(一八八二)〜昭和33年(一九五八)東京で生れ、同地で歿。本名は満吉。 父の日本画家石井鼎湖に日本画を学び、水彩画を独習し、明治31年浅井忠?に師事した。中村不折に油絵の指導を受けて无声会員となった。明治35年頃から「明星」に挿絵などを寄稿。同37年東京美術学校選科入学、黒田清輝、藤島武二に師事。 与謝野鉄幹、晶子の新誌社に参加。詩作、批評にむかった。 明治40年森田恒友、山本鼎と雑誌『方寸』を創刊。 翌年41年木下杢太郎?、北原白秋らと「パンの会?」を結成した。同42年第3回文展で受賞。 翌43年渡欧、大正2年日本水彩画会を創立、大正3年二科会を結成した。翌4年美術雑誌『中央美術』創刊。大正10年与謝野夫婦らと東京に文化学院を創設。昭和10年帝国美術院会員。翌11年一水会を創立。昭和24年日本芸術院会員。 自然と日常を平明穏健な筆致で描きつづけた。代表作は『草上の小憩』(東京国立近代美術館)。 (引用元 Hatena Keyword)