芸能人・経営者のおくやみ情報

村山龍平

政治家、朝日新聞社元社主[日本]

1933年 11月24日 死去享年84歳

村山龍平 - ウィキペディアより引用

村山 龍平(むらやま りょうへい、嘉永3年4月3日(1850年5月14日) - 昭和8年(1933年)11月24日)は朝日新聞の経営者(社主・社長)、政治家。
衆議院議員、貴族院議員。
玉城町名誉町民第1号。
来歴・人物 嘉永3年(1850年)、伊勢国田丸(現・三重県度会郡玉城町)に生まれる。
幼名は直輔。
実家は紀州藩旧田丸領に仕えた旧士族。
幼少時代は腕白なガキ大将で、喧嘩に負けそうになると小刀を振り回し、両親や近所の人を困らせていた。
しかし文久3年(1863年)冬に、母が重病になってからは改心し、母の平癒を祈り、冷静沈着な少年に変わった。
慶応3年(1867年)からは田丸城に勤番した。
明治4年(1871年)に一家を挙げて大阪に移住し、父とともに西洋雑貨商「村山屋」(後に「田丸屋」→「玉泉舎」)を営む。
明治11年(1878年)7月に大阪商法会議所(大阪商工会議所の前身)の最初の議員に選ばれる。
明治12年(1879年)に朝日新聞の創刊に参加。
明治14年(1881年)、木村平八・騰父子から同紙の所有権を獲得、上野理一と共同経営にあたる(明治41年(1908年)以後は1年おきに社長)。

朝日新聞社社主。伊勢生。国学者村山守雄の子。号は香雪。国会開設を機会に新聞の大衆化と大量生産に努め、海外通信網の確立強化に先鞭をつけて他紙の追随を許さず、『朝日新聞』は世界的大新聞としての地位を確保した。一方、公正な世論の指導、文化の宣揚、国際親善、学術技芸の奨励等社会事業に尽力、殊に航空事業の普及発達に貢献した。衆議院議員。貴族院議員。昭和8年(1933)歿、84才。 (引用元 コトバンク)