芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川頼宣(とくがわよりのぶ)

初代紀州藩主[日本]

(徳川家康の十男、寛文11年1月10日没)

1671年 2月19日 死去享年70歳

徳川頼宣 - ウィキペディアより引用
徳川 頼宣(とくがわ よりのぶ)は、徳川家康の十男で、紀州徳川家の祖。
常陸国水戸藩、駿河国駿府藩を経て紀伊国和歌山藩の藩主となった。
母は側室の養珠院(お万の方)である。
8代将軍徳川吉宗の祖父にあたる。
幼名は長福丸、元服に伴い頼将(よりのぶ)と名乗り、元和年中に頼信、さらに頼宣に表記を改める。
初任官が常陸介であったため、子孫も代々常陸介に任官した。
生涯 1602年(慶長7年)、伏見城にて生まれる。
1603年(慶長8年)、2歳にして常陸水戸藩20万石を与えられる。
水戸には入らず、父家康の許で育てられた。
1606年(慶長11年)、家康に従い京都に上り元服する。
1609年(慶長14年)、肥後熊本藩主加藤清正の五女・八十姫と婚約。
翌年9月徳川家より結納使として頼宣の伯父三浦為春(生母の兄)が清正の領国肥後国に下って納幣。
同年、駿府藩50万石に転封された。
1611年(慶長16年)、家康と豊臣秀頼が京都二条城で会見を行った際は兄の徳川義直と共に東寺まで出迎え、(人質として)加藤清正に預けられた。