芸能人・経営者のおくやみ情報

いわさきちひろ 氏

画家絵本作家[日本]

1974年 8月8日 死去肝臓がん享年55歳

いわさきちひろ - ウィキペディアより引用

いわさき ちひろ(本名:松本知弘(まつもと ちひろ、旧姓岩崎)1918年12月15日 - 1974年8月8日、女性)は、子供の水彩画に代表される日本の画家・絵本作家である。
福井県武生市(現在の越前市)生まれ。
左利き。
常に「子どもの幸せと平和」をテーマとした。
初期作品には、岩崎ちひろ、岩崎千尋、イワサキチヒロ名義で発表されたものが存在する。
夫は日本共産党元国会議員松本善明。
孫は絵本作家の松本春野。
終戦まで 1918年、雪の降る師走の朝にちひろは三姉妹の長女として武生町橘で生まれた。
岩崎家は当時としては非常に恵まれた家庭であり、ラジオや蓄音機、オルガンなどのモダンな品々があった。
父・正勝はカメラも所有しており、当時の写真が数多く残っている。
こども向けの本も多くあったが、それらはちひろの気に入るものではなかった。
ある時隣の家で絵雑誌「コドモノクニ」を見かけ、当時人気のあった岡本帰一、武井武雄、初山滋らの絵に強く心を惹かれた。
ちひろは幼少から絵を描くのが得意で、小学校の学芸会ではたびたび席画(舞台上で即興で絵を描くこと)を行うほどだった。

[生]1918.12.15.福井,武生[没]1974.8.8.東京画家,絵本作家。本名松本知弘。東京府立第六高等女学校在学中に岡田三郎助に師事,のち中谷泰に油絵を学ぶ。1946年日本共産党に入党,松本善明と結婚。初め紙芝居をかき,童画のグループに参加して『花の童話集』(1966)など若い人向きの絵本をかく。やわらかい線とにじんだ美しい色彩で人気を呼び,その画法が絵本『あめのひのおるすばん』(68)に結晶,以後,画面が語り訴える絵本を数多く生む。東京,下石神井の「いわさきちひろ絵本美術館(97年,ちひろ美術館に呼称変更)」に作品や一般の絵本などが展示されている。また長野県には安曇野ちひろ美術館がある。 (引用元 コトバンク)