芸能人・経営者のおくやみ情報

渡辺清

肥前大村藩士政治家[日本]

1904年 12月30日 死去享年70歳

渡辺 清(わたなべ きよし)
室町時代の人物。
(1536年~1582年)摂津国・安倉城主。
足利義輝、足利義昭、織田信長と仕えて、
1582年6月13日に戦死。
山崎の戦いで戦死したものと思われる。

江戸時代後期の画家。
尾張藩に仕えた。

江戸時代末期から明治時代初期の武士、貴族院_(日本)#.E8.8F.AF.E6.97.8F.E8.AD.B0.E5.93.A1 貴族院男爵議員。
石井筆子の父。

戦後日本の作家、天皇制廃止論者。
『砕かれた神―ある復員兵の手記―』の著者。
旧大日本帝国海軍兵士。

渡辺清 (野球) - 日本のプロ野球選手。

新日本放送→毎日放送の元アナウンサー。

1925‐81年7月23日。静岡県生まれ。 1941年高等小学校卒業後海軍に志願。42年戦艦武蔵に乗り組み、マリアナ、レイテ沖海戦に参加。44年武蔵沈没にさいし奇跡的に生還。45年復員。復員後、天皇に対する自己の思いを日録の形で披瀝するが、信仰と敬愛の念から戦争責任追及へと変容し、70年から日本戦没学生記念会(わだつみ会)事務局長となる。思想の科学研究員でもあった。 (引用元 Hatena Keyword)

「渡辺清」と関連する人物(故人)