訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

脇坂安斐

播磨龍野藩主、子爵[日本]

1908年 2月27日 死去享年70歳

脇坂安斐 - ウィキペディアより引用
脇坂 安斐(わきさか やすあや)は、播磨龍野藩の第10代(最後)の藩主。
龍野藩脇坂家12代。
生涯 天保10年(1839年)11月27日、伊勢津藩の第11代藩主藤堂高猷の四男として生まれる。
龍野藩の第9代藩主脇坂安宅の実子の寿之助(後の安煕)が幼少のため、安政5年(1858年)6月に安宅の養子となり、文久2年(1862年)4月22日の安宅の隠居にともない家督を継いだ。
脇坂氏は譜代大名であったため、安斐は佐幕派として摂津の海防警備を務め、元治元年(1864年)の第1次長州征伐、慶応2年(1866年)の第2次長州征伐にも幕府軍の一員として参加したが、長州征伐には消極的だったようであり、第2次長州征伐では安斐の病気を理由に出兵を辞退している。
慶応4年(1868年)の戊辰戦争では新政府軍に恭順して、新政府に抵抗した姫路藩の攻撃や会津戦争に参加した。
明治2年(1869年)6月、版籍奉還により龍野藩知事に任じられ、その後は藩の職制改革などに努めたが、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で知藩事を免職された。