芸能人・経営者のおくやみ情報

安楽庵策伝

浄土宗[日本]

(寛永19年1月8日示寂)

1642年 2月7日 死去享年89歳

安楽庵策伝 - ウィキペディアより引用

安楽庵 策伝(あんらくあん さくでん、天文23年(1554年) - 寛永19年1月8日(1642年2月7日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての浄土宗西山深草派の僧。
金森定近の子といわれる。
落語の祖ともいわれる。
策伝は道号。
諱は日快、号は醒翁、俗名は平林平太夫。
生涯 天文23年(1554年)、誕生。
美濃国の武将・金森定近の子といわれ、兄に金森長近などがいる。
幼いときに美濃国浄音寺で出家し、策堂文叔に師事した。
その後、京都禅林寺(永観堂)に転じ智空甫叔に学んだ。
天正年間(1573年-1592年)、中国地方に赴き備前国大雲寺などを創建したと伝えられる。
慶長元年(1596年)、美濃浄音寺に戻り25世住持となる。
慶長18年(1613年)に京都誓願寺55世(浄土宗西山深草派法主)となり、貴顕と交友を広げた。
元和9年(1623年)、紫衣の勅許を得た後、塔頭竹林院に隠居し、茶室安楽庵で余生を送った。
寛永(1642年)、死去。
笑い話が得意で説教にも笑いを取り入れていたが、京都所司代・板倉重宗の依頼で『醒睡笑』を著し、笑話集のさきがけとなった。

安土桃山・江戸前期の僧・茶人。美濃生。名は日快、号を醒翁、俗名を平林平太夫。京都誓願寺五十五世法主となり紫衣を勅許される。茶道を古田織部に学び、晩年は誓願寺の境内に安楽庵を結んで風流の道を楽しんだ。近衛信尋・小堀遠州・松永貞徳らと交わる。自作及び蒐集した笑話を集め『醒睡笑』を起筆、板倉重宗に献呈した。落語家の祖といわれる。寛永19年(1642)寂、89才。 (引用元 コトバンク)