芸能人・経営者のおくやみ情報

有馬頼寧 氏(ありまよりやす)

政治家、日本中央競馬理事長[日本]

(GIレース有馬記念は彼の名に由来)

1957年 1月10日 死去急性肺炎享年72歳

有馬頼寧 - ウィキペディアより引用
有馬 頼寧(ありま よりやす、明治17年(1884年)12月17日 - 昭和32年(1957年)1月9日)は、日本の政治家。
農政研究者。
農林大臣。
日本中央競馬会第2代理事長。
プロ野球オーナー。
旧筑後国久留米藩主・有馬家の第15代当主。
伯爵。
旧筑後国久留米藩主有馬家当主で伯爵有馬頼万の長男として東京に生まれる。
母は岩倉具視五女恒子(後に寛子と改名)。
頼寧の出生から程なく、母は実家に帰されて離縁された(後に森有礼の後妻となる)。
父は戸田忠友長女豊子と再婚したため、頼寧と姉の禎子は邸宅のうち嫡祖母・韶子の住む棟で育った。
4歳の頃、日本橋区の本宅が焼亡し、浅草区橋場の別邸に転居する。
この邸宅が下町に近かったため、幼少時に近所の下町の子供たちと遊んだという。
1890年(明治23年)秋学習院初等科入学。
1896年(明治29年)学習院中等科(現 学習院高等科)に進学し、教師の家に下宿した。
中等科在学中の1903年(明治36年)2月、北白川能久親王次女貞子と結婚。
貞子は結婚に伴い華族女学校を退学した。
同年に頼寧は旧制学習院高等科に進学し、1906年(明治39年)東京帝国大学農科(現農学部)に入学。