芸能人・経営者のおくやみ情報

有栖川宮威仁親王

皇族海軍大将[日本]

1913年 7月5日 死去享年52歳

有栖川宮威仁親王 - ウィキペディアより引用

有栖川宮 威仁親王(ありすがわのみや たけひとしんのう、1862年2月11日(文久2年1月13日) - 1913年(大正2年)7月5日)は、日本の皇族、軍人。
官職は軍事参議官。
称号・階級は元帥海軍大将。
勲等は大勲位。
功級は功三級。
有栖川宮幟仁親王の第四王子(男女合わせた王子女の中では八人目、但し成人した男子は熾仁親王と威仁親王だけ)で、生母は家女房の森則子。
熾仁親王は異母兄。
幼称は稠宮(さわのみや)。
妃は加賀金沢藩主前田慶寧の娘・慰子(やすこ)。
生涯 幼年期 1862年2月11日(文久2年1月13日)、京都において誕生、稠宮と命名された。
父・幟仁親王にはすでに熾仁親王という嫡子がいたため、稠宮は然るべき年齢に達した後に妙法院門主を相続することが内定した。
しかし、明治維新による諸制度の変革で宮門跡の制度が廃されたことから、1871年(明治4年)に稠宮の妙法院相続の内定は取り消され、明治天皇によって幟仁親王が東京への転居を命じられたのに従い、稠宮も上京した。

1862年2月11日〜1913年7月5日 日本の皇族。軍人。 有栖川宮最後の親王だった。 (引用元 Hatena Keyword)

「有栖川宮威仁親王」と関連する人物(故人)