訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

曾我祐成

武士、建久4年5月28日没[日本]

(ユリウス暦) 1193年 6月28日 死去討死享年22歳

曾我祐成 - ウィキペディアより引用
曾我 祐成(そが すけなり)は、鎌倉時代初期の武士。
『曾我兄弟の仇討ち』で知られる。
安元2年(1176年)、祐成が5歳の時、実父・河津祐泰が同族の工藤祐経に暗殺された。
その後、母が自身と弟を連れ相模国曾我荘(現神奈川県小田原市)の領主・曾我祐信に再嫁した。
のち養父・祐信を烏帽子親に元服して祐成を名乗り、その後は北条時政の庇護の下にあったという。
建久4年(1193年)、富士の巻狩りが行われた際、弟・時致と共に父の敵・工藤祐経を殺害したが、仁田忠常に討たれた。
脚注 ==。

↑ PAGE TOP