訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

工藤祐経

武将、建久4年5月28日没[日本]

(ユリウス暦) 1193年 6月28日 死去討死享年歳

工藤 祐経(くどう すけつね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期のにかけての武士・御家人。
藤原南家の流れを汲む工藤滝口祐継の嫡男。
生涯 所領争い 幼少期に父・祐継が早世すると、父の遺言により義理の叔父である伊東祐親が後見人となる。
元服ののち、祐経は祐親の娘・万劫御前を娶り、祐親に伴われて上洛し平重盛に仕える。
歌舞音曲に通じており、「工藤一臈」と呼ばれた。
だが、祐経が在京している間に祐親は祐経が継いだ伊東荘を押領してしまい、妻の万劫御前まで奪って土肥遠平に嫁がせてしまう。
押領に気付いた祐経は都で訴訟を繰り返すが、祐親の根回しにより失敗に終わる。
所領と妻をも奪われた祐経は祐親を深く怨み、祐親父子の殺害を図って安元2年(1176年)10月、郎党に命じ、伊豆奥野の狩り場から帰る道中の祐親の嫡男・河津祐泰を射殺する。
跡には祐泰の妻と子の一萬丸(曾我祐成)と箱王(曾我時致)の兄弟が残された。
妻は子を連れて曾我祐信に再嫁し、兄弟は後に曾我兄弟として世に知られる事になる。
治承4年(1180年)8月の源頼朝挙兵後、平家方として頼朝と敵対した伊東祐親は、10月の富士川の戦い後に頼朝方に捕らえられて自害した。
題名
曽我兄弟工藤祐経富士裾野の仇討
著者
発売元
東京屋
発売日
1888
新品価格
より
中古商品
より
題名
曽我兄弟工藤祐経富士裾野の仇討
著者
発売元
東京屋
発売日
1888-01-01
新品価格
より
中古商品
より
題名
工藤祐経の生涯と吾が祖先の探究 (1976年)
著者
寺田廉
発売元
主婦と生活社
発売日
1976
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP