芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャンボ鶴田 氏(じゃんぼつるた)

プロレスラー[日本]

2000年 5月13日 死去享年50歳

ジャンボ 鶴田(ジャンボ つるた、1951年3月25日 - 2000年5月13日)は、日本のプロレスラー。
本名・旧リングネーム:鶴田 友美(つるた ともみ)。
三冠ヘビー級王座の初代王者であり、日本人初のAWA世界ヘビー級王者(第30代)。
人物概要 ミュンヘンオリンピック、レスリンググレコローマンスタイル最重量級代表を経て全日本プロレスリング入り、ジャイアント馬場後継の次の時代の大型エースとして期待され順調に成長し、1980年代、トップレスラーとして活躍したが、B型肝炎を発症したことにより第一線を退く。
その後、桐蔭横浜大学、中央大学、慶應義塾大学で非常勤講師を務めるなど、教育者としても活躍した。
山梨県東山梨郡牧丘町(現山梨市)出身。
山梨県立日川高等学校を経て、中央大学法学部政治学科を卒業。
血液型O型。
ニックネームは「若大将」のち「怪物」「完全無欠のエース」。
座右の銘である「人生はチャレンジだ、チャンスは掴め」は、プロレスの師であるジャイアント馬場から継承したもの。

ジャンボ-つるた 1951-2000昭和後期-平成時代のプロレスラー。昭和26年3月25日生まれ。中央大在学中にレスリング選手となり,昭和47年ミュンヘン五輪に出場。同年全日本プロレスに入門,ジャイアント馬場らと黄金時代をきずく。のち筑波大大学院でコーチ学をまなび,平成11年ポートランド大客員教授。平成12年5月13日マニラで肝臓移植中に死去。49歳。山梨県出身。本名は鶴田友美(ともみ)。 (引用元 コトバンク)