芸能人・経営者のおくやみ情報

織田有楽斎(おだうらくさい)

戦国大名、茶人[日本]

(諱・長益、元和7年12月13日没)

1622年 1月24日 死去享年76歳

織田有楽斎 - ウィキペディアより引用

『織田長益』より : 織田 長益(おだ ながます)は、安土桃山時代から江戸時代初期の大名・茶人。
長益系織田家嫡流初代。
織田信秀の十一男で、有楽斎如庵(うらくさいじょあん、有樂齋如庵)と号し、後世では有楽、有楽斎と称される。
千利休に茶道を学び、利休十哲の一人にも数えられる。
後には自ら茶道有楽流を創始した。
また、京都建仁寺の正伝院を再興し、ここに立てた茶室如庵は現在、国宝に指定されている。
生涯 信長時代 織田信長の弟の一人であるが、信長とは年齢が13歳離れており、前半生の事歴はあまりわかっていない。
天正2年(1574年)、尾張国知多郡を与えられ、大草城を改修する。
以降、信長の長男・織田信忠の旗下にあったと思われ、甲州征伐などに従軍している。
天正9年(1581年)の京都御馬揃えでは信忠・信雄・信包・信孝・津田信澄の後に続いている。
また、天正10年(1582年)の左義長での順は信忠・信雄・長益・信包となっている。
甲州征伐では木曽口から鳥居峠を攻め、木曽勢に助力して鳥居峠を攻略。
降伏した深志城の受け取り役を務める。
また森長可・団忠正と共に上野国に出兵し、小幡氏を降伏させている。

おだうらくさい [生]天文16(1547).尾張[没]元和7(1621).12.13.京都,東山安土桃山~江戸時代初期の武将。織田信長の弟。信長とは性格が違い,武将であったが晩年は茶人として有名。本名は長益,有楽斎は号で,単に有楽ともいう。信長が本能寺の変で倒れてからは秀吉に仕え,関ヶ原の戦いでは東軍についた。また大坂冬の陣では豊臣方の盟主に推されたが,夏の陣には参加せず,徳川家康のスパイであったともいわれる。その後は京都の祇園に隠棲して茶道に専念,「有楽流」という名を後世に伝えた。東京の有楽町は有楽斎の屋敷がそこにあったことから生れた地名。(→織田氏) (引用元 コトバンク)