芸能人・経営者のおくやみ情報

麻生三郎 氏

画家[日本]

2000年 4月5日 死去享年87歳

麻生 三郎(あそう さぶろう、1913年(大正2年)3月23日 - 2000年(平成12年)4月5日 )は、東京都生まれの洋画家である。
武蔵野美術大学名誉教授。
戦中戦後を通して焼けただれ、焦げ付いたような暗褐色に彩られた家族を中心とした人物像や自己の内面を解体デフォルメし、闇の中から浮かび上がるように描き出す作風で知られる。
彫刻家の麻生マユは実娘。
東京都京橋区本湊町(現在の中央区湊)鉄砲洲の炭問屋麻生惣兵衛、喜代の三男として生まれる。
実家は当時築地の居留区があった明石町にほど近く、下町でありながらモダンな雰囲気に影響され洋画を志したと述べている。
明治学院中等部在学中の1928年より、小林萬吾の設立した同舟舎洋画研究所にて本格的にデッサンを学びはじめ、1930年に太平洋美術学校選科に入学。
ここで松本竣介や寺田政明らと出会い、長谷川利行や靉光との交流が始まる。
1933年に退学し、個人活動を開始。
1936年に寺田政明らとエコール・ド・東京を結成。
翌1937年の第一回エコール・ド・東京展に作品を発表した。
1938年2月、突如としてヨーロッパに出発し、フランス、ベルギー、イタリア各地をまわる旅に出る。

「麻生三郎」と関連する人物(故人)