芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・オッフェンバック

作曲家、チェロ奏者[ドイツ]

1880年 10月5日 死去享年61歳

ジャック・オッフェンバック - ウィキペディアより引用

ジャック・オッフェンバック(Jacques Offenbach, 1819年6月20日 - 1880年10月5日)は、ドイツ生まれでフランスで活躍(後に帰化)した作曲家、チェリストである。
ジャック・オッフェンバックは父親の出身地(ドイツ・フランクフルト近郊のオッフェンバッハ・アム・マイン)からとったペンネームで、本名はヤーコプ・レヴィ・エーベルスト(Jakob Levy Eberst)。
オペレッタの原型を作ったといわれ、音楽と喜劇との融合を果たした作曲家である。
なお、ドイツ語読みでオッフェンバッハと呼ばれることもある。
生涯 ジャック・オッフェンバックは1819年、プロイセン王国のラインラント州ケルンに生まれる。
1833年に、チェロを学ぶためフランスのパリへ出る。
1848年二月革命を避けドイツに一時帰国するが、まもなく戻り、その後は終生パリに住んでいる。
演奏の傍ら作曲活動を続け、1850年にテアトル・フランセの指揮者になる。
後の1855年には、自らブフ・パリジャン座という劇場を開き、いくつものオペレッタを上演、人気を博す。

Jacques Offenbach (1818-1890) オッフェンバック ドイツ出身のフランスの作曲家。オペレッタ(オペラ・コミーク、オペラ・ブフ、オペレット)を多数発表し「シャンゼリゼのモーツァルト」と称された。遺作は唯一のオペラ《ホフマン物語》だが、完成、上演を見る事なく他界した。 (引用元 Hatena Keyword)

「ジャック・オッフェンバック」と関連する人物(故人)